手強い

全て 形容詞
452 の用例 (0.00 秒)
  • それがこれほどに手強てごわい相手とは、彼らの予想の域を大きく越えていた。 山田正紀『謀殺のチェス・ゲーム』より引用
  • 動きも鈍いので、慣れさえすれば武装した少年にも手強い相手ではない。 菊地秀行『吸血鬼ハンター01 吸血鬼ハンター“D”』より引用
  • 見たところ、彼らはこれまで遭遇した中で最も手強く危険な戦士だった。
  • 相手は、私が思っていた以上に・・・・はるかに・・・・手強かった。 宮谷シュンジ『絶望の世界 1光と影の世界 ~僕の日記・迷走編~』より引用
  • おれたちが手強てごわい客であることの証拠はたっぷり見せつけられたはずだ。 R・エイヴァリー『ゼロスの戦争ゲーム』より引用
  • 最後に戦いはじめた騎士は手強く、二時間たっても勝負がつきません。 井村君江『アーサー王ロマンス』より引用
  • 信仰というのは、わたしが思っていた以上に手強てごわいものなんですね。 深沢美潮『フォーチュン・クエスト 第6巻 大魔術教団の謎(下)』より引用
  • そして逃げた手強てごわい方のもう一人もまた深傷ふかでを受けていることはたしかであった。 山田風太郎『くノ一紅騎兵』より引用
  • 相手はまだ若い男で、〝リリー〟の意外な手強てごわさに仰天しているようだ。 山田正紀『火神(アグニ)を盗め』より引用
  • グランプリモードでは排気量が大きくなるほど敵が手強くなっていく。
  • だが、木原は雅子にこれまでのいかなる敵よりも手強さを感じていた。 森村誠一『日蝕の断層』より引用
  • あ、けどバーサーカーは手強そうだから、最後にした方がいいんじゃない? 奈須きのこ『Fate/hollow ataraxia トラぶる道中記 イリヤルート』より引用
  • まるで相手の手強さを意識したかのような警戒心がある。 ジェイムズ・ブリッシュ『08 パイリスの魔術師』より引用
  • 彩乃ちゃんもトマトを食べようとしたけれど、その一切れは手強てごわかった。 橋本紡『彩乃ちゃんのお告げ』より引用
  • 手強てごわいと見て、背後にいた仲間が、ピストルをぶっ放したというわけだ。 海野十三『疑問の金塊』より引用
  • 未弥の笑い声を聞きながら、なるほど、これは手強いや、と耕太は思う。 西野かつみ『かのこん 第12巻 ~ちずるメリーゴーラウンド!~』より引用
  • 自分たちと戦ったときの手強てごわさがうそのように、あっさりと勝負はついてしまった。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 第04巻』より引用
  • もしも高校生の息子もこれに参加していれば、かなり手強てごわい敵になる。 小野不由美『悪夢の棲む家 (下) 挿絵あり』より引用
  • シヴァーブリンは私をこんな手強てごわい相手とは見こんでいなかった。 プーシキン/高橋包子訳『スペードの女王・大尉の娘』より引用
  • それよりこちらが手強てごわいことを思い知らせて、放してやった方が楽だ。 井上祐美子『五王戦国志3 埋伏篇』より引用
  • 次へ »