手島右卿

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 昭和の三筆の一人と称されている手島右卿に師事。 ...
  • 父手島右卿が昭和の書家だったこともあり、晃弥自身も書家として書展を開催している。 ...
  • 清水天山の五男で手島右卿より直接指導を受けた清水隆治は清水天山の書を4期に分けている。 ...
  • 第3期は手島右卿が傑作を発表した時期に、その理念に共感して、一字作品を世に問うた。 ...
  • 第2期は、手島右卿に師事し、当時としては極めて難関の日本美術展に連続入選を果たしている。 ...
  • 若かりし頃は、師である手島右卿に慕い共に酒を飲み交わし話に華を咲かせ、書道に対して大変大きな恩恵と学びを受け、河瀬断魚の書道に対する影響力を与えた人物であり、晩年に至っては神奈川県鎌倉市に腰を据えた手島右卿に会うが為、定期的に足を運び師弟の関係を大切にした。 ...
  • 比田井天来の周囲には、後に前衛書を率いた上田桑鳩や比田井南谷、少字数書を提唱した手島右卿などがおり、新しい書表現について議論が交わされていた。 ...
  • 代表的な書家には、「昭和の三筆」と称された西川寧、日比野五鳳、手島右卿が挙げられる。 ...
  • また、実子の跡継ぎがいない為、養女として「井上甲子」をもらい、恵珠本人も跡継ぎがいないので、書家手島右卿を父とする「手島泰六」を養子として迎え、現在の岡田家を存続させている。 ...
  • 開眼の前身でもある、書道誌『八雲』から名前を『開眼』に変える時も看板でも有る書道誌『開眼』表紙の題字は尊敬する手島右卿に書して頂き送られた物で、原書は今でも開眼で大切に保管されている。 ...
  • また、『書道芸術』は1937年11月号で、仮名交じり文の研究を特集し、手島右卿は仮名交じり文とともに、それの英語表現を報告している。 ...
  • 受賞歴として第4回手島右卿賞、第6回国井誠海賞、独立書展特選、独立書人団50周年記念賞、毎日書道展/毎日賞など。 ...
  • 企画展示室には天来流書家で、現代書道を築き上げた上田桑鳩、金子鴎亭、手島右卿、桑原翠邦、比田井南谷ら各会派を代表する書家の作品を展示している。 ...
  • その他に、アウレリア・ムニョスやロバート・ラウシェンバーグなどの現代アートや、市川米庵、比田井天来、手島右卿などの書のコレクションも充実している。 ...
  • 昭和15年手島右卿に師事。 ...