手厚い

全て 形容詞
520 の用例 (0.01 秒)
  • 愛好家も多く、手厚く保護されているため絶滅の心配は無いといわれている。
  • レース前後などに手厚いファンサービスを欠かさない選手としても知られている。
  • このジョアンがこの時以来会堂や信者に手厚い保護を加えたのである。 和辻哲郎『鎖国日本の悲劇 (後編)』より引用
  • いろんな意味で余裕のなかったマーティン社会よりも手厚いぐらいだ。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の断章 02 星界の断章 Ⅱ』より引用
  • 宿の主が神社にゆかりの者で、歩き巫女たちを手厚く保護しているのだという。 安部龍太郎『戦国秘譚 神々に告ぐ(上)』より引用
  • それらは新薬開発の犠牲となった実験動物ほどにも、手厚く葬られはしない。 小川洋子『沈黙博物館』より引用
  • 三十分後、女の人は、洞穴のベッドで、少年たちの手厚い看護を受けていた。 ヴェルヌ/波多野完治訳『十五少年漂流記』より引用
  • 特に文化面においては成果・業績や作品に対する表彰は手厚いのが特徴である。
  • 義光が行った義康の供養は、駒姫のものと同じく大変手厚いものであった。
  • 彼がその前看護人よりは手厚くもてなされたとすればいいが! ヴェルヌ/大久保和郎訳『悪魔の発明』より引用
  • 鑑盛は家兼の一行を手厚く迎え、三潴郡の一木村に住居を用意して保護した。
  • 二月七日に二条院に迎えられた中君は匂宮から手厚く扱われる。
  • ヘリコプター上陸の為の手付かずの自然は不十分で手厚く守られている。
  • ペリーの手厚い看護がなければどんな目にあっていたことか。 オースティン/ハーディング祥子訳『エマ(上)』より引用
  • そこから王の手厚い保護を受けつつヴェネチアに帰りついたのは、その翌年である。 和辻哲郎『鎖国日本の悲劇 (前編)』より引用
  • そこをおれたちが三顧の礼で手厚く迎えてやるというわけさ。 森村誠一『棟居刑事の推理』より引用
  • 金の心配もいらず手厚く面倒めんどうをみてもらい、老人たちは最後は満足して死んでゆくという。 香月日輪『妖怪アパートの幽雅な日常⑤』より引用
  • そうしますと答え、水地家の場所を聞き、手厚く見送られて管理人夫婦の家を出た。 若竹七海『悪いうさぎ』より引用
  • 綾にその気はないにしても、手厚い保護を勝ち取るには、このあざは有効だ。 篠田節子『死神』より引用
  • 後に煬帝ようだいは賞金を出して彼ら三人の遺体を探しだし、手厚くほうむったのである。 田中芳樹『風よ、万里を翔けよ』より引用
  • 次へ »