手厚い待遇

20 の用例 (0.00 秒)
  • うむ、ここまで手厚てあつ待遇たいぐうをもってすれば君も文句はあるまい? 鈴木大輔『ご愁傷さまニノ宮くん 03』より引用
  • 彼は師範岡倉の邸の離れを与えられ、いくと共にここに手厚い待遇を受けることになったのである。 南條範夫『駿河城御前試合』より引用
  • 晩年は実質流罪ではあったが、百五十人扶持であり、盛岡藩南部家も手厚く待遇した。
  • 曹操は彼らをそれぞれに表彰し手厚く待遇して、王の位を授けた。
  • 藩内には旧幕府側に対する同情が強く、御預の会津藩士についても明治新政府からの給費はごくわずかであったため、藩費によって手厚く待遇した。
  • 少年らは二か月半最も手厚く待遇されてローマに滞在したが、その間にグレゴリー十三世の死にい、新法王シキタス五世にも謁見を許された。 海音寺潮五郎『新太閤記(四)』より引用
  • このため、タルマ犬は非常に手厚い待遇を受け、室内に寝床が設けられ、特別なえさを与えられて世話されていた。
  • そこでは手厚い待遇を受け、象牙や宝石の沢山ついた金の首輪やブレスレットを付けられ、最高級の肉をベースとした料理を与えられていた。
  • 野球界が特待生制度の是非で揺れた時期に、自身がかつて各プロスポーツ関係者から特に手厚い待遇を受けていた「特待生の中の特待生」だったことを明かしている。
  • あれほど冷淡であった藤太が手のひらをかえすように態度をかえ、この手厚い待遇をするようになったのは、このつもりだったのだと思った。 海音寺潮五郎『平将門 下巻』より引用
  • ムラトは以前と同じようにシシュマンを手厚く待遇し、オスマンへの協力を誓わせた。
  • 藩内には旧幕府側に対する同情が強く、御預の会津藩士についても新政府からの給費がごく僅かであったため、藩庫から多くの金穀を補填し彼らを手厚く待遇した。
  • 大方おおかたの男は、結構なる女性がついてきて、遊心をつなぎとめるという手厚い待遇を受けるような目には会ってない。 田辺聖子『女の長風呂 Ⅱ』より引用
  • 一年じゅうぼくは君たちのところで手厚い待遇を受け、休暇にはうちでちやほやされ、甘やかされた。 ヘッセ/高橋健二訳『ガラス玉演戯(下)』より引用
  • 深刻な食糧難になると子供の次に食べ物をもらう権利があり、食料が完全に尽きると最終手段として部族内の年老いた女性を犠牲にし、その肉などをフィージアン・ドッグに与えて犬が飢え死なないようにするほど手厚い待遇を受けていた。
  • これが本種、ホワイト・コリーで、作出後すぐにイギリスの貴族の間で流行し、一緒に写真を撮ったり、寝食を共にするなどの手厚い待遇を受け、ペットというより家族のように大切にされた。
  • 捕虜から情報を引き出すには、手厚い待遇が功を奏したが、同時に「捕虜の本名を日本に伝える、という脅し方」も有効であったという。
  • 妊娠の期間中も検査が繰り返され、いかに手厚い待遇を受けようとも、アリシアにとってそれは悪夢のような日々だった。 楡周平『マリア・プロジェクト』より引用
  • はじめて日本外の独立国が帰服きふくしたこととて、秀吉は上きげんで帰服の礼を受け、手厚く待遇し、うんとものをあたえて、帰した。 海音寺潮五郎『新太閤記(四)』より引用
  • こういうじつに手厚い待遇の申し出や、身内として主張する権利をこれほど鷹揚おうように認めてやろうという言葉を聞いて、フィービはピンチョン判事のそばに駆け寄ってつい今しがたしり込みして避けたばかりのその接吻を、自分から進んで、彼に与えてやりたくてたまらない気持ちになった。 ホーソン/鈴木武雄訳『七破風の屋敷』より引用