手傷を負わせる

18 の例文 (0.00 秒)
  • 味方の武将が相手に手傷を負わせない限り、討ち懸かろうとはしなかった。 ...
  • 自分のひと突きが伯爵に手傷を負わせたのはわかっている。 ...
  • 生命をうばうまでにはいたらないが、かなりの手傷を負わせることができた。 ...
  • いくら手傷を負わせても、まったく意味が無いということだ。 ...
  • 武者たちは肌と吐息で、相手に手傷を負わせたかどうか判断しなければならなかった。 ...
  • その震えが尋常ならざる速度で女ハンターに手傷を負わせたと、彼女は気づいていなかった。 ...
  • あれだけの傷をこさえて無事なのは、相手にそれ以上の手傷を負わせたか、仕止めたかに決まってまさ。 ...
  • 以前遭遇し、俺が手傷を負わせた奴とは明らかに違う。 ...
  • そして、神祖に手傷を負わせた唯一の存在が、その三人じゃった。 ...
  • しかも、相手のドラゴンは、手傷を負わせたものの結局逃してしまっているのである。 ...
  • ただ手傷を負わせたのではなく、一命を奪ったのがやり過ぎというので、閉門になったと聞いた。
  • そこで右の如く新海が抜刀して、三人の者に手傷を負わせたのであるから、四人ながら割腹せねばならぬことになった。 ...
  • その手傷を負わせた奴にお返ししたくないのか?
  • ケチな悪党は悪知恵をとぎすますと、ややもすると誰かに相当な手傷を負わせてみたくなるものだ。 ...
  • 八坂丸の舳先はUボートの司令塔に浸水を止められないほどの手傷を負わせた。 ...
  • そこでこんどは、あちこちに手傷を負わせてやった。 ...
  • 以来この夏まで、辻斬りは数度出没して、二人の人間を斬殺し、四人に手傷を負わせた。 ...