手を載せる

20 の用例 (0.00 秒)
  • そう彼は言って、胸に耳をあてたままの私の頭に、そっと手を載せた。 乙一『ZOO』より引用
  • 母は突然いきなり自分の坊主頭へ手を載せて、泣きはらした目を自分の上にえた。 夏目漱石『彼岸過迄』より引用
  • 電話を切っても、安藤は受話器の上にしばらくの間、手を載せていた。 鈴木光司『らせん』より引用
  • ハルユキは、頭に手を載せられたまま、黒雪姫クロユキヒメひとみをじっと見つめた。 川原礫『アクセル・ワールド 13 -水際の号火-』より引用
  • 女々さんがエリオの両肩に手を載せ、口づけでもするように顔を寄せる。 入間人間『電波女と青春男 第02巻』より引用
  • 拳術家はにっこりして、少年のくしゃくしゃの頭に大きな手を載せた。 フーリック/大室幹雄訳『中国鉄釘殺人事件』より引用
  • 身長差のせいか、雄二は葉月ちゃんの頭に手を載せるのが好きみたいだ。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 05』より引用
  • 姉の使っていた机の上に手を載せると、ざらつくものが表面を覆っていた。 乙一『GOTH リストカット事件』より引用
  • 母は突然いきなり自分の坊主頭へ手をせて、泣きらした眼を自分の上にえた。 夏目漱石『彼岸過迄』より引用
  • いや、ただ子供の頭に手を載せて祈祷をして貰えばいいのだと女は繰り返した。 森鴎外訳『諸国物語(下)』より引用
  • 樋口さんが羽貫さんの傍らに正座して、彼女のおでこに手を載せました。 森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』より引用
  • 机の前の椅子に腰を下ろすと、細い足を組み、ひざの上に手を載せた。 片山憲太郎『紅 第03巻 ~醜悪祭~ (上)』より引用
  • 卓子へ寄って来て、景品の煙草を置くと、何気なく京吉の肩へ手を載せた。 織田作之助『土曜夫人』より引用
  • まだ頭が追いつかないロレンスの肩に手をせて顔を近づけてくる。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅸ 対立の町<下>』より引用
  • おれはカステラの包み紙で見るような地図に手をせた。 喬林知『今日からマ王 第11巻 「めざせマのつく海の果て!」』より引用
  • 雄一の膝に手を載せ、その手を、くふふ、という笑いとともに上へ移動させた。 岡島二人『そして扉が閉ざされた』より引用
  • いや、只子供の頭に手を載せて祈祷をして貰へば好いのだと女は繰り返した。 森林太郎『パアテル・セルギウス』より引用
  • 自分はわざと腰をかけずに、椅子の背に手を載せたまま、父や母に云ったとほぼ同様の挨拶あいさつを述べた。 夏目漱石『行人』より引用
  • 自分はわざと腰を掛けずに、椅子の背に手を載せたまま、父や母に言ったとほぼ同様の挨拶あいさつを述べた。 夏目漱石『行人』より引用
  • サラレギーはおれの頭に手をせて、細い指でそっとかみいた。 喬林知『今日からマ王 第16巻 箱はマのつく水の底!』より引用