手を焼く

143 の例文 (0.00 秒)
  • 彼はその中で、私が最も手を焼いている十人のうちの一人でもあった。 ...
  • それらの毒が集まって由比正雪になっては、公儀も手を焼くことになる。 ...
  • そのうち私の父が死に、その借金だらけの会社のあとしまつに手を焼いた。 ...
  • あっちへ行ったら、こいつがどんなに力がなくたってあんたは手を焼くよ。 ...
  • 彼女が自分で自分の神経の強張りに、手を焼いている証拠だった。 ...
  • そんな状態には手を焼いた、などという言葉は、婉曲えんきょくな表現というものだ。 ...
  • 施明は勇猛な性格であったため、口を割ろうとせず廷尉の手を焼かせた。 ...
  • こいつは厄介な患者でして、おとなしくさせておくのに手を焼きましたね。 ...
  • 寒すぎる地方は冬になると水の確保に手を焼くことになる。 ...
  • 相手は、十一年余も、信長自身ですら手を焼いて来た門徒の本拠である。 ...
  • 体の苦しみより、勇吾は道を間違まちがえたのではないかという恐怖に手を焼いた。 ...
  • 今ではしきりと動き回るようになって侍女たちに手を焼かせている。 ...
  • 政府としてもご承知のような民間の講和条約反対運動に手を焼いている際です。 ...
  • ともかく幕府は近所迷惑を何とかしてくれという抗議殺到に手を焼いていた。 ...
  • 手を焼きたがる母親と兄弟および弟の息子を中心に描く。 ...
  • 「手を焼くなよ」 これが、この出陣に際しての、信長の自戒じかいであった。 ...
  • 一日に五十ぺんはおろか、それ以上も、私どもみなに手を焼かせます。 ...
  • 次へ