手を染め

557 の用例 (0.01 秒)
  • 裏では何やらあやしげな生業なりわいに手をめているらしいあの女のことだ。 鈴木大輔『ご愁傷さまニノ宮くん 05』より引用
  • 速見がはじめに手を染めた殺人は、姉殺しではなかったかと警察側では見做みなしている。 和田はつ子『虫送り』より引用
  • 竹鶴家に入って以来さまざまな事業に手を染めたが、そのいずれも成功したとは言いがたい。 川又一英『ヒゲのウヰスキー誕生す』より引用
  • といっても、彼が直接殺しに手を染めたわけではない。 大塚ひかり『源氏の男はみんなサイテー ―親子小説としての源氏物語』より引用
  • それは伊藤が原子爆弾の研究というとてつもないテーマに手を染めていたことに対する批判である。 中川靖造『海軍技術研究所』より引用
  • スポーツサークルや怪しい組織の活動にも手を染めているという。 森見登美彦『四畳半神話大系』より引用
  • レナの保護者として、断固犯罪に手を染めさせるわけにはいかない! 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 01 鬼隠し編』より引用
  • 連戦連勝するにはエンジンだけでなくマシン全体の開発にも手を染めなければならない。 佐藤正明『ホンダ神話 教祖のなき後で(下)』より引用
  • 神をまつるその裏で、台湾人夫婦は銃の密売にも手を染めていた。 馳星周『不夜城完結編 長恨歌』より引用
  • 作曲家として中村は、様々なジャンルの作品に手を染めている。
  • その欲望が彼に魔神の力なる暗黒の魔法にまで手をめさせる結果となったのである。 水野良『ロードス島戦記 1 灰色の魔女』より引用
  • 聖堂関係者が暗殺に手を染めていたことは、心のどこかで、なるほどと思うものごとだった。 荻原規子『西の善き魔女外伝2 銀の鳥プラチナの鳥』より引用
  • チーム内で放水に手を染めそうな選手に目をつけ、言葉たくみに誘いこむ。 馳星周『夜光虫』より引用
  • ジャンルを問わず若い作家たちも、おおいに手を染めてもらいたい世界である。 光瀬龍『征東都督府』より引用
  • そしてわれわれ人類は、既に宇宙飛行の技術習得に手をめたのだとも云えると思う。 海野十三『成層圏飛行と私のメモ』より引用
  • コーエンは臨床的研究や科学的研究の分野では、証明とは何かという問題にも手を染めた。
  • 主に暗殺などの闇仕事に手を染めている。
  • 三番目に加藤栄造が手を染めたのはビール会社だった。 横溝正史『扉の影の女 v0.9』より引用
  • コルトレーンが本格的にフリー・ジャズの分野に手を染めた作品として知られる。
  • この頃よりデビュー前から手を染めていたメンバーのドラッグ・アルコール問題が深刻になる。
  • 次へ »

手を染め の使われ方