手を染め

557 の用例 (0.00 秒)
  • 金のためとあらば仕事は選ばず、際どい商売にも手を染めてきた。 明野照葉『輪(RINKAI)廻』より引用
  • ウィリーと同様、殺人に手を染めたカールは闇に引きずり込まれていった。
  • 性格は実直で、噺家には珍しく酒・賭博の類いには手を染めなかった。
  • それでも結果的に、元自衛官として許されるはずのない罪に手を染めてしまった。 松岡圭祐『千里眼 ミッドタウンタワーの迷宮』より引用
  • そして家政上の問題には一度も手を染めたことはないらしい。 直木三十五『サレーダイン公爵の罪業』より引用
  • これ以上こんな仕事に手を染めたら、神さまの火が私を焼いてしまうがいい! ドーデ/大久保和郎訳『風車小屋だより』より引用
  • きっとあのオッサン、娘のために犯罪に手を染めてでも金が欲しかったんだ。 平坂読『ホーンテッド! 1』より引用
  • 斬新な曲を作る一方ではポピュラーなCM曲や歌謡曲にも手を染めた。
  • 中学卒業後、家を出てうろついていた少年は次第に殺しに手を染めていくようになる。
  • 就労先がなければ、犯罪に手を染めてでも金を手に入れようとする者が出てくる。 吾妻博勝『新宿歌舞伎町 マフィアの棲む街』より引用
  • 私もアメリカに来て悪の道に手を染めてしまった。 群ようこ『アメリカ居すわり一人旅』より引用
  • もちろんなかには掟を破って非合法な仕事に手を染めたクラッシャーもいた。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ03 銀河系最後の秘宝』より引用
  • ある者は軍隊に入ったり、政治に手を染めたりして、国のために尽くそうとする。 フィルポッツ/井内雄四郎訳『闇からの声』より引用
  • 自分たちが手を染めていた研究がどれほど恐ろしいものだったか、ようやく気がついたらしい。 山本弘『まだ見ぬ冬の悲しみも』より引用
  • 雑誌への連載や単行本の執筆に加え、当時はテレビの構成の仕事にも手を染めていました。 富田倫生『本の未来』より引用
  • 世の男は大抵、こいつが可愛いから俺は面倒に手を染められると思えるだろう。 入間人間『電波女と青春男 第02巻』より引用
  • 奴隷貿易にも手を染めていたようで、マラッカに移転していくらかの財を得ていた。
  • こんな中で八百長に手を染めないのは、日本人かよっぽどの堅物かだけだ。 馳星周『夜光虫』より引用
  • うちのニューヨーク事務所は、芸術や芸能関係の仕事にちょっと手を染めていてね。 パトリシア・コーンウェル『証拠死体』より引用
  • 信じたくねえ気持ちは分かるが、お頭が危ねえことに手を染めているのは確かだ。 高橋克彦『だましゑ歌麿』より引用
  • 次へ »

手を染め の使われ方