手を染め始め

10 の用例 (0.00 秒)
  • このようにレンブラントは常に新たな領域へ踏み込むことに熱心であり、この頃にはエッチングに手を染め始めた。
  • それまで公共の施設を借りて会合を開くことなど夢想だにしなかった同性愛者は、すでにこのような会合を通じてメンバー作りに手を染め始めたのである。 井田真木子『もうひとつの青春 同性愛者たち』より引用
  • そのため、闇金に手を染め始めたが、これが原因で自動車販売会社から解雇され、窃盗などの犯罪にも手を染めていく。
  • 長らく「白の宮殿」から一歩も外に出なかった男が、血生臭い行為に手を染め始めたのはいったいどういうことか。 福井晴敏『∀ガンダム(下)』より引用
  • ロッカーは1892年に政治活動に手を染め始め、1893年にはドイツからの亡命を余儀なくされる。
  • すべてが満たされた生活に飽き足らなくなった彼らは、こぞって生命のことわりを超越する研究に手を染め始めた。 ベニー松山『風よ。龍に届いているか(下)』より引用
  • モニュエルは2011年のZALMAN買収による増資をきっかけとして不正に手を染め始めたとみられている。
  • 数年前にコロンビアのカリ・カルテル絡みの売春ブローカーに渡りをつけ、日本サイドでのブローカー業に手を染め始めた。 垣根涼介『ヒート アイランド』より引用
  • しかし、地獄門の負の力によって人類を根絶やしにすることを目論んだ朱雀の守護神・嘉神慎之介が、四神の守護神たちの粛清に手を染め始めた。
  • メデジンの中流家庭に育った少年エスコバルは、頭の良い家族思いのやさしい子供で、父は畜産業、母は教師であったが、10代で墓石を盗み墓碑名を消して転売したのを皮切りに高校を中退、犯罪に目覚め自動車盗、強盗、誘拐、殺人に手を染め始めた。