手を染める

208 の用例 (0.00 秒)
  • 伊奈が危険で無謀な報復に手を染めようとしていることに気づいた者は、誰もいなかった。 勝目梓『その死を暴くな』より引用
  • すでにこの裁判組織の腐敗との戦いを始めてしまった以上、こういったことにも手を染めるのは当り前なのだ。 カフカ/中野孝次訳『審判』より引用
  • でも無駄肉を落としてスリムになってからは、もっとやばいことに手を染めるようになった。 初野晴『水の時計』より引用
  • 仕事にかまけて息子の誕生日を忘れていた母親に背を向けたジョーは、麻薬に手を染める。
  • その技術は古代王国崩壊ほうかいとともに失われていたが、近年になってその秘密があちこちの古代遺跡いせき再発見さいはっけんされ、禁断きんだんの実験に手をめる者があらわれていた。 山本弘『サーラの冒険 5 幸せをつかみたい !』より引用
  • 釈放後は犯罪活動に手を染めるようになり、闇市で物品を売りさばいていた。
  • 追い詰められて誘拐犯罪に手を染めるほどの窮状とは考えにくい。 海月ルイ『十四番目の月』より引用
  • 平穏な暮らしを望むも思うように職が見つからず、再び犯罪に手を染めるようになる。
  • だが、彼は肝心なことを知らされないまま、大量虐殺に手を染めることになる。
  • そして、手を染めるべきでなかった人たちもいる。 アリグザンダー『(プリデイン物語4)旅人タラン』より引用
  • 何週間後、自分でも傑作けつさくだと言える味を作り出したとき、鈴木は他の料理にも手を染める決心をした。 泡坂妻夫『亜愛一郎の転倒 (亜愛一郎シリーズ2)』より引用
  • 闇世界で生きる日比谷と須崎が、利益を得るために荒事に手を染めるのは職業柄当然のことだ。 新堂冬樹『忘れ雪』より引用
  • できれば、もっと大きな悪に手をめる前に、自分以外のだれかの手にかかって死んでくれるのが理想だ。 山本弘『サーラの冒険 6 やっぱりヒーローになりたい !』より引用
  • スミスは古道具屋で買ったノートに自分の考えを書いて整理するという、禁止された行為に手を染める。
  • 陰謀や毒殺、殺人のことを探り、たまには自らもそれに手を染めることもあると聞いていた。 坂東眞砂子『旅涯ての地(上)』より引用
  • 犯罪めいた所業に手を染めると分かって腰が砕けた、根性も忠誠心もない男が一人いたからである。 森見登美彦『四畳半神話大系』より引用
  • また正規軍とは異なり非正規戦闘などにも手を染める。
  • 悪に手を染める中国人の犯罪人脈は、果てることなく複雑に絡み合っている。 吾妻博勝『新宿歌舞伎町 新・マフィアの棲む街』より引用
  • あなたたちはこのわたくしを不愉快ふゆかいにさせるだけではき足らず、殺人のつみにまで手を染めようというの? 鈴木大輔『ご愁傷さまニノ宮くん 02』より引用
  • 一歩間違えば死刑の可能性もある犯罪に手を染めるというのなら、よほどの報酬が約束されていないと間尺に合わないのではないか。 海月ルイ『十四番目の月』より引用
  • 次へ »

手を染める の使われ方