手を染める

208 の用例 (0.00 秒)
  • 戦時中に物資が乏しくなると、闇商売に手を染めるのにも躊躇はしなかった。 高井有一『立原正秋』より引用
  • 柔沢じゅうざわ紅香が誘拐のような卑劣ひれつな犯罪に手を染めるなど、絶対にあり得ない。 片山憲太郎『紅 第01巻』より引用
  • ヴァニオン卿のように徳の高い人物が、なぜこのような犯罪に手を染めようとするのか。 エディングス『エレニア記1 眠れる女王』より引用
  • 追い詰められた日本軍はさらに生還の可能性が無い自殺攻撃に手を染めるようになる。
  • どんなうまい商売も、俺が手を染めることで、みんな駄目になってしまう。 宮本輝『錦繍』より引用
  • 拳銃を買うということは、つまり、犯罪に手を染めるということだ。 乃南アサ『冷たい誘惑』より引用
  • 当時は独立プロがこうしたエロ映画を製作していて大手五社が手を染めることは大きな抵抗感があった。
  • 士族の一部には王宮勤務とは別に商売に手を染める者がいる。 池上永一『テンペスト2 花風の巻』より引用
  • このような失敗が続いた後に、バーバラは売春に手を染めるようになったといわれる。
  • ネッドはジョージに誘われて再び犯罪に手を染めるようになる。
  • 犯罪に手を染める者にすれば、これほど好都合なことはない。 吾妻博勝『新宿歌舞伎町 マフィアの棲む街』より引用
  • しかし、昔の仕事仲間に誘われたことをきっかけに、再び犯罪に手を染めるようになる。
  • そんな人が口約束だけで、犯罪に手を染めるとは思えません。 大迫純一『神曲奏界ポリフォニカ ポリ黒01 インスペクター・ブラック』より引用
  • 母や姉にへつらって、犯罪に手を染めるような人ではない。 早見裕司『メイド刑事02』より引用
  • 第6シーズンではGeek Trioを結成、様々な悪事に手を染める。
  • 何か激しい遊興をしたり、悪に手を染めるようなこともしていないという自負だけはあったからだ。 仁木英之『僕僕先生』より引用
  • あげく、プライドを捨て切れぬ自分に絶望して贋作に手を染めるようになった。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 04 5121小隊 熊本城決戦』より引用
  • おろかにも実験に手をめようとする者もあらわれた。 光瀬龍『紐育、宜候 SF〈太平洋戦争〉』より引用
  • 侍が商売に手を染めるてえのが、そもそもご法度はつとなんです。 浅田次郎『壬生義士伝 下』より引用
  • だが、その金に手をつけることは、そのまま業務上横領に手を染めることと変わらなかった。 石田衣良『赤・黒(ルージュ・ノワール) 池袋ウエストゲートパーク外伝』より引用
  • 次へ »

手を染める の使われ方