手を染めるよう

41 の用例 (0.00 秒)
  • 重苦しい数日の後母はやっと仕事などに手を染めるようになった。 梶井基次郎『梶井基次郎全一巻』より引用
  • そして沢村麻季は、なぜこのような犯罪行為に手を染めるようになったのか。 吉村達也『ワンナイトミステリー3 「香港の魔宮」』より引用
  • そのため、協力者とともに拳銃や覚せい剤の密売に手を染めるようになった。
  • いつからとはなく不正事業に手を染めるようになりました。 横溝正史『恐ろしき四月馬鹿』より引用
  • 余左衛門はその時から悪事に手を染めるようになったのだ。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 君を乗せる舟』より引用
  • 追い詰められた日本軍はさらに生還の可能性が無い自殺攻撃に手を染めるようになる。
  • このような失敗が続いた後に、バーバラは売春に手を染めるようになったといわれる。
  • ネッドはジョージに誘われて再び犯罪に手を染めるようになる。
  • しかし、昔の仕事仲間に誘われたことをきっかけに、再び犯罪に手を染めるようになる。
  • 母や姉にへつらって、犯罪に手を染めるような人ではない。 早見裕司『メイド刑事02』より引用
  • 何か激しい遊興をしたり、悪に手を染めるようなこともしていないという自負だけはあったからだ。 仁木英之『僕僕先生』より引用
  • あげく、プライドを捨て切れぬ自分に絶望して贋作に手を染めるようになった。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 04 5121小隊 熊本城決戦』より引用
  • でも無駄肉を落としてスリムになってからは、もっとやばいことに手を染めるようになった。 初野晴『水の時計』より引用
  • 釈放後は犯罪活動に手を染めるようになり、闇市で物品を売りさばいていた。
  • 平穏な暮らしを望むも思うように職が見つからず、再び犯罪に手を染めるようになる。
  • 私も実際の犯罪捜査そうさに、手を染めるようになってから、ずいぶん変った人間にもあったが、男の首を買おうという女には、これまで一度もめぐりあった例がなかった。 高木彬光『首を買う女』より引用
  • でもそれは、研究者なら誰もが持つ常識の範囲内であって、大掛かりな着服に手を染めるような犯罪度胸とはまったく異なる。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 07 皆殺し編』より引用
  • 自分とは違い、美しく華やかなレベッカに心奪われたマークは、彼女の誘いに乗り犯罪に手を染めるようになってしまう。
  • あまりに過酷な環境だったため、多くの船乗りが自由な海賊稼業に手を染めるようになっていった。
  • そう、アントン・ファイトが金貨ゴールド・クラウンを手にするためなら、どんなことにでも手を染めるように。 ヨーヴィル『ドラッケンフェルズ』より引用
  • 次へ »