手を染めること

31 の用例 (0.00 秒)
  • そういったこともあって、彼がオペレッタに手を染めることはなかった。
  • やがて加藤は「武装闘争」という名のテロ行為に手を染めることになる。
  • 自分で言うのもなんだが、僕のためなら犯罪に手を染めることもいとわないかもしれない。 五百香ノエル『天秤座号殺人事件』より引用
  • 他の犯罪者達と同様、彼も酒の密造に手を染めることにした。
  • 当時は独立プロがこうしたエロ映画を製作していて大手五社が手を染めることは大きな抵抗感があった。
  • だが、彼は肝心なことを知らされないまま、大量虐殺に手を染めることになる。
  • 陰謀や毒殺、殺人のことを探り、たまには自らもそれに手を染めることもあると聞いていた。 坂東眞砂子『旅涯ての地(上)』より引用
  • だから、「進化的に普通の脳」をもっていたら、犯罪に手を染めることなど、ほとんどあり得ないはずだ。 澤口俊之『あぶない脳』より引用
  • 常にユウを思って行動し、そのために強敵に立ち向かうことも犯罪に手を染めることも厭わない。
  • 社内にはおもちゃのような製品に手を染めることへの異論もあったが、HP35は成功を収めた。 富田倫生『パソコン創世記』より引用
  • もちろん私にはそうする権限が与えられているから、違法行為に手を染めることにはならないが、それでもかなりのリスクがつきまとうのは目に見えている。 法月綸太郎『生首に聞いてみろ』より引用
  • 部外秘扱いの資料の盗み出しに協力するなど、非合法な依頼に手を染めることも少なくない。 歌野晶午『葉桜の季節に君を想うということ』より引用
  • 絶望的な境遇におかれた預婦は、次第に追い詰められて、ついに夫一家の殺害という凶悪犯罪に手を染めることになるのである。
  • 金への執着心から犯罪行為に手を染めることもあり、セインガルド各地に手配書が配られている。
  • 彼らは間もなく「親友」になり、やがて一緒に最初の「殺人」に手を染めることになる。 宮部みゆき『模倣犯 上』より引用
  • 極めて平凡な日常を送っていた者が、なにかのはずみに悪に手を染めることもあれば、人におとしいれられて無実の罪を着るものもある。 平岩弓枝『御宿かわせみ 26 長助の女房』より引用
  • かくして今夜、サーラはわずか十二さいにして、ザーンの禁断きんだんの地に侵入しんにゅうするという、大それた犯罪はんざいに手をめることになったのである。 山本弘『サーラの冒険 奪うことあたわぬ宝』より引用
  • ディレクターとして採用されながら後にアナウンサー稼業に手を染めることとなった小西あゆ香同様、総合職として採用された中からアナウンサー適性があると判断された人物が、外部プロダクションからの派遣人員とともにアナウンサーとしての仕事を行っている点に注意する必要がある。
  • 違法殺戮さつりくに手を染めることになってしまった。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ09 ワームウッドの幻獣』より引用
  • もちろん、最悪のシナリオだけを予想するなら、はなから、危険に手を染めることなどできない。 貴志祐介『青の炎』より引用
  • 次へ »