手を染める

208 の用例 (0.00 秒)
  • お金のためにほろぼしたり、わるいことに手をめる結果けっかになったりする。 小野不由美『くらのかみ』より引用
  • そういったこともあって、彼がオペレッタに手を染めることはなかった。
  • やがて加藤は「武装闘争」という名のテロ行為に手を染めることになる。
  • 重苦しい数日の後母はやっと仕事などに手を染めるようになった。 梶井基次郎『梶井基次郎全一巻』より引用
  • 裏の商売として、非合法の毒薬や贋金作りに手を染める者も少なくない。 千葉暁『アルス・マグナ3 大いなる秘法 碧眼の女神』より引用
  • いろいろな事業に手を染めるが、戦後の荒波を受けてうまくはいかなかった。
  • 東京へ出たRが生きるために売春に手を染めるまで時間はかからなかった。
  • やくみつるのように4コマ漫画家が一コマ漫画にも手を染める例もある。
  • 手を染める血はふたりの身体を共通に流れるものなのだ。 姫野カオルコ『変奏曲』より引用
  • 途中で家に訪れたクライドと合流し、妻ブランチと共に犯罪に手を染める。
  • 嫌なことには背を向けて関心のあることだけに手を染めるだけでなんとか生きられると思っている少年だった。 色川武大『花のさかりは地下道で』より引用
  • 重い犯罪に手を染める中国系の人間が複数の携帯電話を持つのは常識だが、この数は異常だった。 馳星周『不夜城完結編 長恨歌』より引用
  • そして沢村麻季は、なぜこのような犯罪行為に手を染めるようになったのか。 吉村達也『ワンナイトミステリー3 「香港の魔宮」』より引用
  • たしかに奴らは、儲かるとなれば汚いことにも平気で手を染めるだろう。 貴志祐介『硝子のハンマー』より引用
  • そのため、協力者とともに拳銃や覚せい剤の密売に手を染めるようになった。
  • 警視庁はこの容易な点にだけ手を染めるのではないか、というのが世間の感じなのである。 戸坂潤『社会時評』より引用
  • いつからとはなく不正事業に手を染めるようになりました。 横溝正史『恐ろしき四月馬鹿』より引用
  • 自分で言うのもなんだが、僕のためなら犯罪に手を染めることもいとわないかもしれない。 五百香ノエル『天秤座号殺人事件』より引用
  • 余左衛門はその時から悪事に手を染めるようになったのだ。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 君を乗せる舟』より引用
  • 他の犯罪者達と同様、彼も酒の密造に手を染めることにした。
  • 次へ »

手を染める の使われ方