手を染め

557 の用例 (0.01 秒)
  • 日本人がなんだってわざわざ台湾にまで来て犯罪に手を染めてるんだ? 馳星周『夜光虫』より引用
  • おれが八百長に手を染めていると知ったときの連中の顔はお笑いだった。 馳星周『夜光虫』より引用
  • ぼくは長男だし、弟や妹も、ぼくと同じようにゴルフに手を染めていた。 山際淳司『エンドレス・サマー』より引用
  • そう、夢にみたなら、もうすでに手を染めてしまったも同然ではないか。 荻原規子『西の善き魔女外伝1 金の糸紡げば』より引用
  • 彼らの何人かは確実に汚職に手を染めていたので、これは簡単だった。
  • だから決してほこれぬ仕事と知りつつも、納得なっとくずくで手を染めてきました。 雪乃紗衣『彩雲国物語 01 はじまりの風は紅く』より引用
  • 彼は実際に事件に手を染めていないのだから反省をする必要はない。 別役実『犯罪症候群』より引用
  • この部隊は物資の横流しなど「ユダヤ的行い」に手を染めていたという。
  • 大会社の取締役よりもいかがわしい商売に手を染めている連中なのである。 野田秀樹『当り屋ケンちゃん』より引用
  • 君がどんなつみに手を染めても、おれは君が更生こうせいできるよう努力すると誓う。 鈴木大輔『おあいにくさま二ノ宮くん 01』より引用
  • これはどうも、ありとあらゆることに手を染めた人間のようであった。 トルストイ/木村浩訳『アンナ・カレーニナ』より引用
  • 少女時代の生活は荒れたものであり、麻薬に手を染めたこともあった。
  • なにに手を染めてたかわかったもんじゃありませんけどね。 松岡圭祐『千里眼 The Start』より引用
  • もっとも、ミケランジェロがこういう小さい物に手を染めたとは思えない。 フィルポッツ/井内雄四郎訳『闇からの声』より引用
  • だがヴァンも私もまだ老年とはいえない時期にこの仕事に手を染めたのである。 阿部謹也『ハーメルンの笛吹き男 ――伝説とその世界』より引用
  • 中村にしてもまだ小説に手を染めてはいなかったと思う。 福永武彦『第五随筆集 書物の心』より引用
  • 並子が探偵業に手をめていることは、もちろん令子も知っているのである。 赤川次郎『こちら、団地探偵局』より引用
  • 廊下を右往左往する生徒たちは、誰もがなんらかの仕事に手を染めている。 松岡圭祐『千里眼の教室』より引用
  • 世継ぎでありながら違法な魔術に手を染め、父王に勘当かんどうされたのは本当だ。 橘香いくの『ブランデージの魔法の城1 魔王子さまの嫁取りの話』より引用
  • 卒業後にモスクワで経済分析家として働きつつ、作曲に手を染めた。
  • 次へ »

手を染め の使われ方