手を掴もう

17 の例文 (0.00 秒)
  • しばらくして、彼がそれでわたしの手を掴もうとしていたのだとわかった。 ...
  • かれはスポックの手を掴もうと最後の努力をしたが、どうしても手が届かなかった。 ...
  • 彼女の小さな手が、彼の手を掴もうとしている。 ...
  • ティファニアがきょとんとしていると、手を掴もうとしてきた。 ...
  • しかしその人はつかつかと歩み寄るなり大河の手を掴もうとする。 ...
  • 櫓を取ろうと伸ばした景の手を掴もうとしたが、先に景をとらえたのは兄の元吉であった。 ...
  • その手を掴もうと手を伸ばしたが、一瞬遅く、アイザック達の体は列車の下に落下してしまった。 ...
  • 両手を握りながら大またで歩いて行く美わしい娘、男とともに木陰を歩いて行く美わしい娘は、永久に闇の中へ手を突き出してだれか他の男の手を掴もうと試みていた。 ...
  • 優奈はグッと腕を伸ばし、友一の手を掴もうとしたが、まだ手が届く距離にまでは到達していなかった。 ...
  • 「壊されることは望みません」 「なら、行くか」 導くように彼女の手をつかもうとして、止めた。 ...
  • 光の道を捨てたのに、やみの頂点に君臨すると決めたのに、温かい言葉に惑わされて伸ばされた手をつかもうとしてしまった。 ...
  • 瑛子が井崎の手をつかもうとした。 ...
  • 崔は村上の手をつかもうとした。 ...
  • パティの手を掴もうとして、振り払われる。
  • リンゴちゃんの手を掴もうとするが、すり抜ける。 ...
  • 「地下鉄で遅延あったみたいだし、そのせいかも」 さりげなく、万里は香子のその手をつかもうとするが、 「あらー、そうだったんだ」 気づかず香子はバッグの中に手を突っ込んで荷物をかき回す。 ...