手を抜こう

17 の例文 (0.00 秒)
  • 必死に手を抜こうとしてバランスが崩れた瞬間、おれは身体を一回転させた。 ...
  • ワーリヤは力いっぱい自分の手を抜こうとした、しかし手は抜けなかった。 ...
  • 作業の仕様は定められてはいるが、手を抜こうと思えば抜ける。 ...
  • 歩幅ほはばも歩速も合わない苦しさに、どうかして手を抜こうと春王はあせる。 ...
  • もう一度、手錠から手を抜こうとしたが、手首に擦り傷を作っただけだった。 ...
  • むしろ逆に、できるだけ手を抜こうとする傾向にあった。 ...
  • 「組むのは構わんさ」 とおれは手を抜こうとしたが、ゆきはしがみついてきた。 ...
  • スカートの下から手を抜こうとしながら、小さい逡巡が、松岡を見舞っていた。 ...
  • 労働というのは、本当は人体の若いときに収入を得るためにやるもので、できるだけ手を抜こうとする。 ...
  • 朱に交われば赤くなる、という言葉があるように、まわりがみんな『この程度の勉強で短大まで行かれるなら手を抜こう』って感じの勉強の仕方だと、あなたもそれに影響されかねないの。 ...
  • カークは背後の銃口から身を引いて立ち上がり、縛めから手を抜こうと一気に力を込めた。 ...
  • 腹の立つことはたくさんあるが、そのせいで仕事をおろそかにするようになったら、見えないところで手を抜こうと思えばいくらでもやれる世界だから、なしくずしに腕が、つまり心がけが落ちていく。 ...
  • 事実、時給は高校時代ウェイトレスのバイトをしていたときの三倍だし、手を抜こうと思ったら、本当にただ笑顔を張り付けて突っ立っているだけでお金は貰える。 ...
  • 手を抜こうもんなら、親方には一目瞭然。 ...
  • あせり、足をかけて強引に手を抜こうともがく少女の眼前に、左手に持ち替えられた『贄殿遮那にえとののしゃな』の切っ先が迫っていた。 ...
  • アート商会浜松支店の時代、宗一郎は目をぎらつかせ、従業員が少しでも手を抜こうものなら遠慮会釈なくスパナやハンマーを飛ばした。 ...