手を当てる

261 の用例 (0.00 秒)
  • さて話を戻して、女はなぜ笑うとき口に手を当てるかと改めて考えてみた。 阿川佐和子『走って、ころんで、さあ大変』より引用
  • バートンの部屋の窓の下で、口に手を当てると胸をふくらませて叫んだ。 ディック/仁賀克雄訳『宇宙の操り人形』より引用
  • そして胸に手を当てると、何も言わずに、ペンとインクの方へ向かった。 モーム/篠原慎訳『諜報員アシェンデン』より引用
  • 春香が周囲を見渡しながら何かに気付いたかのように口元に手を当てる。 五十嵐雄策『DVD「乃木坂春香の秘密」第6巻 初回限定版パンフレット 「はるかのひみつ」』より引用
  • それがようやく我に返り、最初にしたことは、自分の胸に手を当てること。 支倉凍砂『狼と香辛料ⅩⅢ Side ColorsⅢ』より引用
  • パントマイムを演じているかのごとく、なにもない場所に手を当てる。 雨木シュウスケ『レジェンド・オブ・レギオス 第01巻 リグザリオ洗礼』より引用
  • 彼が過去を話すとき、何故なぜか左胸に手を当てる理由を飛場は知らない。 川上稔『AHEADシリーズ 07 終わりのクロニクル③〈下〉』より引用
  • だとすれば、やっておくべきは町に出る身支度みじたくで、まずあごに手を当てる。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅴ』より引用
  • いまにも座り込みそうだが、それを壁に手を当てることでこらえている。 雨木シュウスケ『レジェンド・オブ・レギオス 第02巻 イグナシス覚醒』より引用
  • 顎に手を当てると「さて、これをどう説明するか」と不精髭をこすった。 ディック/仁賀克雄訳『ウォー・ヴェテラン』より引用
  • そしてふとあごに手を当てると全然関係ないことを言った。 清野静『時載りリンネ!2 時のゆりかご』より引用
  • 今でも、私は夜寝ていてのどが痛かったりすると、自分の手を当てる。 三浦光世『三浦綾子創作秘話』より引用
  • 真知は、いかにも疲れた、というように吐息をついて、額に手を当てる。 有栖川有栖『朱色の研究』より引用
  • 年配の方の男があみを持ち、若い方は顔に手を当てるようにして、網の中を見ている。 泡坂妻夫『亜愛一郎の転倒 (亜愛一郎シリーズ2)』より引用
  • 背中に手を当てると、水をかけられたみたいに、びしょびしょにれていた。 神永学『コンダクター』より引用
  • 困ったモノだ、という顔で入り口にかぎをかけた摩耶が腰に手を当てる。 神野オキナ『あそびにいくヨ!第07巻』より引用
  • 帽子のひさしに手を当てると、司令室のドアを開け、去っていった。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 10 もうひとつの撤退戦』より引用
  • 九野が最初にした行動は、駐車してある十数台の車のボンネットに手を当てることだった。 奥田英朗『邪魔』より引用
  • なかには笑わなくても、なにか話すときは必ず口に手を当てるのが癖になっている人もいる。 阿川佐和子『走って、ころんで、さあ大変』より引用
  • 看護婦長の留美子が急いで海方の胸を開き、肉付きの良い手を当てる。 泡坂妻夫『死者の輪舞』より引用
  • 次へ »