手を下す

216 の例文 (0.00 秒)
  • あの傷の状態からして、自分で手を下したとはまったく考えられない。 ...
  • 微笑を収め、指した手を下し、私のを覗いて見つめながら彼はいった。 ...
  • 自身は殆どその自ら手を下したる事実を記憶せざるべきは当然と見るを得べし。
  • 実際、あんたは自分で何も手を下していないんだから堂々としていなさい。
  • 己が命に自ら手を下す様な真似がどうしてこれに出来ると言ふのだ! ...
  • 自分の手を下さず、目的に適した他者に命令して行動させる事じゃない。 ...
  • 彼が手を下すより先に、志津はアパートの自室で自殺してしまったのだ。 ...
  • 敏夫の母親という線も考えたが、あいにく、誰かが先に手を下していた。 ...
  • 彼は殺人の現場にはいたが直接手を下していないと主張した。 ...
  • 自分で手を下さず、人に殺させても、それはそれで興奮するのだった。 ...
  • 俺の子をほんとに殺したのはこの男だ、俺が手を下したのはまちがいない。
  • ただ、殺してやりたいと思うことはあっても、実際に手を下す人間は稀だ。 ...
  • だから良人が手を下したのではないかという疑いは一応誰しも持つであろう。 ...
  • そこで実際に手を下した後藤さんを、親の仇のように憎むようになった。
  • 自ら手を下しただけに、心の傷は彼ら以上に大きいとさえいえる。 ...
  • 名人というものはああいう人をいうんでしょうが、自分では手を下さない。 ...
  • しかし、だれも手を下して、兄を介抱しようというものはいなかった。 ...
  • 次へ