手をのばせば届き

18 の例文 (0.00 秒)
  • 手をのばせば届くのではと思えるほど間近に、巨大な鳥が飛んでいたのだ。 ...
  • 左のほうから出てきた彼らは、手をのばせば届きそうな近くにいた。 ...
  • 手をのばせば届きそうなところに、小さなくぼみが地面にできていた。 ...
  • スコールの近い空は、手をのばせば届きそうな雲に覆われていた。 ...
  • つまり、電話機は、耕作が寝ていても手をのばせば届く位置に置かれていた。 ...
  • 建物の入り口が手をのばせば届きそうな距離に迫っていた。
  • 手をのばせば届きそうなところにりんごの木が植えられていた。 ...
  • すると、そこに、手をのばせば届きそうな距離に、彼の故郷の天体が浮かんでいた。 ...
  • 頭上を、手をのばせば届くかと思われるほどのちよう低空を、一機また一機とB29が飛び過ぎてゆく。 ...
  • 月は、まるで手をのばせば届きそうなすぐ頭上を、ただひたすら超然と渡ってゆく。 ...
  • 望む幸せが手をのばせば届きそうなときは、遠く隔たっているときよりいらいらと気の急くものである。 ...
  • 手をのばせば届くぐらいの近さだった。 ...
  • 少年たちが手をのばせば届くほどの近さだった。 ...
  • いまや彼は位人臣をきわめ、玉座に手をのばせば届くところにいる。 ...
  • 手をのばせば届くほどのすぐ前に。 ...
  • 両の腕はわずかに左右に広げられているが、そこから衣の袖がたなびき、長い裾は、手をのばせば届きそうなほどの近いところでひらひらと漂っている。 ...
  • だが、もう、陸は手をのばせば届きそうなところにある。 ...