手ばやい

全て 形容詞
20 の用例 (0.00 秒)
  • 路は数尾の小鯛を買いもとめて、手ばやく焼かせて持って来たのである。 藤沢周平『玄鳥』より引用
  • こんなに手ばやく家じゅうがわってしまうのは、まったくめずらしいことでした。 ロフティング『ドリトル先生物語09巻 ドリトル先生 月から帰る』より引用
  • その沈黙を破ったのはマクナルティが手ばやく飲み物の用意をする音だけだ。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『12 消えた怪飛行船』より引用
  • 手ばやく外泊の弁解をしたあと、制服を借りだしたむね道代は報告した。 阿部牧郎『誘惑魔』より引用
  • そしてそれを手ばやくそろえ、腰にくくりつけた袋の中に押しこみました。 大嶽洋子『黒森物語』より引用
  • そして、クラチットのお主婦かみさんや娘どもの出精と手ばやさとを褒めた。 森田草平『クリスマス・カロル』より引用
  • 外科手術は手ばやくすればそれだけ苦痛が少ないですからね。 ドイル/延原謙訳『シャーロック・ホームズの事件簿』より引用
  • 政治関係の刺客しかくなら、できるだけ手ばやく目的を達して逃走とうそうしようとする。 ドイル/延原謙訳『緋色の研究』より引用
  • 邪魔な植物を手ばやく駆除するために、たくさんの化学薬品がここにもまた登場してきた。 カーソン/青樹簗一『沈黙の春』より引用
  • 私は手ばやく服を身につけ、それから二、三分ののちにはホームズとともに居間へ降りていった。 ドイル『まだらの紐』より引用
  • 水主と峯羽が泥を手ばやく掻き落とし、古井戸をすっかり埋めてしまった。 杉本苑子『続々今昔物語ふぁんたじあ』より引用
  • そしてそれからまたなにか思案してから、起きだして、手ばやく着がえをすました。 ドストエフスキー/北垣信行訳『カラマーゾフの兄弟(2)』より引用
  • 私はあのときほど手ばやく服をぬいだことがない。 カザノヴァ/田辺貞之助訳『カザノヴァ回想録 第一巻』より引用
  • 顔を剃りたての少佐と手ばやく身仕舞いをした旅行者たちは食卓のまわりの席についた。 ヴェルヌ/大久保和郎訳『グラント船長の子供たち(中) 地の果ての燈台』より引用
  • 彼は宮殿の兵器庫へ直行し、一つの貯蔵箱に手ばやく爆弾を満たした。 E・E・スミス/小西宏訳『(レンズマン・シリーズ3) 第二段階レンズマン』より引用
  • 彼女は手ばやくヴェールをおろし、足を早めて、ほとんど走るように部屋を出て行った。 トルストイ/中村白葉訳『アンナ・カレーニナ(中)』より引用
  • 課長もまた手ばやく窓から飛びおりた。 ルブラン/保篠龍緒訳『813(上)(ルパン・シリーズ)』より引用
  • 真弓は何とは無しに一人だけ後に取り残されたやうなひけ目を感じて、手ばやく着物を着かへはじめた。 神西清『水と砂』より引用
  • タランが観ていると、マグはひざをついて、手ばやく何かをした。 アリグザンダー『(プリデイン物語3)タランとリールの城』より引用
  • 湯の中に立って、手ばやく上半身をきはじめると、オオ、その時だ! 吉川英治『神州天馬侠(二)』より引用