扉を開く

425 の用例 (0.00 秒)
  • 私が身につけているものだけしか、この鉄のとびらを開く鍵はないはずです。 高木彬光『首を買う女』より引用
  • この言葉は、俺の新しい世界へのとびらを開き、俺の支えのひとつとなった。 香月日輪『妖怪アパートの幽雅な日常③』より引用
  • そこに指をかけ引き戸の要領ようりょうで扉を開く為の物としか考えられなかった。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録09 刃を砕く復讐者(下)』より引用
  • そして、これはまるで嵐の轟音ごうおんにむかって扉を開いたようなものだった。 コンラッド/田中西二郎訳『青春・台風』より引用
  • インバネス・コートの男性は軽く会釈を返してから扉を開いて外へ出る。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 第2話』より引用
  • 彼はとびらを開いたが、さしだした腕の輪から、彼女はそとへ出てしまった。 フィッツジェラルド/大貫三郎訳『華麗なるギャツビー』より引用
  • その室は、とびらを開くとそれで右手の壁のすみが隠れるようになっていた。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 待ってる馬車のほうへまっすぐに進んでいって、いきなりそのとびらを開いた。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 満代は運転手に命じて自動車を停めさせると、扉を開いて三谷を呼んだ。 山田風太郎『自選恐怖小説集 跫音』より引用
  • そう言おうと思って扉を開いたが、外に立っていたのは一人の女性だった。 定金伸治『ユーフォリ・テクニカ王立技術院物語』より引用
  • その瞬間、ゆっくりと上昇をしていたエレベータが停止し、扉を開いた。 大沢在昌『悪夢狩り』より引用
  • そのまま扉を開くと、外からの冷たい風が強烈に身体からだみ込んできた。 成田良悟『baccano! 1931 特急編 The Grand Punk Railroad』より引用
  • 彼は地理の本の扉を開いて、そこに自分が書いておいたものを読んだ。 ジョイス/飯島淳秀訳『若き日の芸術家の肖像』より引用
  • 淳子があまりにあっけなく扉を開いたので、逆に不安になっているのだ。 宮部みゆき『クロスファイア下巻』より引用
  • あるときはこの言葉の中に、人生のすべての扉を開く鍵が見えることがある。 富田倫生『パソコン創世記』より引用
  • かぎがかかっていないことを確認すると、ノブに手をかけて扉を開いた。 今野緒雪『マリア様がみてる 26 クリスクロス』より引用
  • 帆村の手が伸びて、下段の端に置かれてある小型の茶箪笥の扉を開いた。 海野十三『地獄の使者』より引用
  • これで、警備員たちが外から鍵を使って扉を開こうとしても不可能になる。 大藪春彦『戦いの肖像』より引用
  • それを見た樹はかつての行為を繰り返すように妹の部屋の扉を開く。
  • 気がつくと、木扉を開いて部屋を明るくしたバルトロメーオが聞いていた。 坂東眞砂子『旅涯ての地(上)』より引用
  • 次へ »