扉の内側

153 の用例 (0.00 秒)
  • ドアの内側に半分隠れていた水夫長の巨大な尻がピタリと動かなくなった。 夢野久作『幽霊と推進機』より引用
  • あいつはあの洋服かけの扉の内側に、彼女がいるのを知っていたのだ。 赤川次郎『ミステリ博物館』より引用
  • 右手に見える正面入口の三枚扉の内側には、重いかんぬきがかかっている。 フーリック/大室幹雄訳『中国梵鐘殺人事件』より引用
  • ここまで一緒に輸送車を押してきてくれた看護婦は、とびらの内側へ去ってしまった。 北杜夫『楡家の人びと (上)』より引用
  • 扉を閉めようとして、彼は、扉の内側になにかあることに気がついた。 宮部みゆき『レベル7』より引用
  • しかし扉の鉄の輪に手が触れたとたん、扉の内側から誰かが走ってくる足音が聞こえた。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 06b ハリー・ポッターと謎のプリンス(下)』より引用
  • 扉の内側に大鏡を立てて、変装した被害者自身が自分を訪問する。 中井英夫『とらんぷ譚』より引用
  • おそらくこれが最後のチャンスだと思ったが、彼女は扉の内側で待つ道を選んだ。 東野圭吾『幻夜』より引用
  • Dが新たに地を蹴る前に、彼は肩から扉の内側へ、我が身を押し入れた。 菊地秀行『吸血鬼ハンター11c D-ダーク・ロード3』より引用
  • 静かに下降を開始したエレベーターの扉の内側をにらんだまま、声が出ない。 江國滋『アメリカ阿呆旅行わん・つう・すりー』より引用
  • 扉の内側に取りつけられた鏡に、陽介の顔が映っていたからである。 海月ルイ『子盗(と)り』より引用
  • 彼女は扉の内側で、彼が入ってくるのを呆然と見ていただけだ。 東野圭吾『幻夜』より引用
  • その時、扉の内側になにか大きなものをぶっつけたらしいはげしい音がした。 海野十三『太平洋魔城』より引用
  • ロッカーの扉の内側に取り付けられた鏡に、引きつれた傷が映った。 馳星周『不夜城』より引用
  • その仕切扉の内側に入ると、扉は自動的にわれわれの背後で閉じた。 ドイル/斎藤伯好訳『マラコット海淵』より引用
  • 仕方なく引き返そうとした時、扉の内側から、何か物音が聞こえてきました。 原田宗典『旅の短篇集 秋冬』より引用
  • 観風老人はすましたもの、平然として扉の内側から錠をおろしている。 横溝正史『双仮面』より引用
  • 扉の内側から声が聞こえてきたのである。 高千穂遙『美獣 神々の戦士』より引用
  • 扉の内側に、かすかにきぬずれの音がして、扉が静かに開かれた。 O・ヘンリー/大久保康雄訳『O・ヘンリ短編集』より引用
  • そのかわり鉄の扉の内側から声がした。 篠田節子『レクイエム』より引用
  • 次へ »