所権現

16 の例文 (0.00 秒)
  • 古来より霧島山中央六所権現がその名の通り中心的な役割を果たしていた。 ...
  • また、山内には七所権現社や東照宮などがあり、神仏習合の信仰が行われていた。 ...
  • 箱根権現・伊豆山権現を併せて二所権現と呼び、二所詣の風習も生まれた。 ...
  • 頼朝が開いた鎌倉幕府は、三嶋社を鶴岡八幡宮や二所権現と並んで信仰している。 ...
  • 境内中段の東側には、切妻屋根の二所権現があり、これが岡留神社の旧本殿である。 ...
  • 伊豆山権現は箱根権現と合わせて二所権現と呼ばれ、鎌倉時代には鶴岡八幡宮に次いで関東武士の信仰を集めた。 ...
  • その神仏習合の時代には、参道途中の瀬多尾寺に大日如来が据えられ、霧島山中央六所権現とも言われるようになった。 ...
  • 中世以降広く「湯前権現」と称され、鎌倉時代に源頼朝を初めとする歴代将軍や幕府の要人が走湯、箱根の二所権現に盛んに参詣するようになると、広く湯治の神として喧伝された。
  • 当初は吾平山上陵の東側に位置し、かつては鵜戸六所権現、鵜殿神社などと称されており、天平19年に「六所大権現と号した」という記録がある。 ...
  • なお上記の他に宮崎県えびの市の白鳥神社を数える説もあり、『三国名勝図会』には都城の日華舞六所権現と日安原霧島大権現も霧島六社権現であると記されているので、その時々に有力であった霧島山山麓の神社6社を選んで総称したものとも思われる。 ...
  • そして源頼朝以来、伊豆山神社が箱根神社と共に「二所権現」に指定され、「二所詣」が行われるようになると、日金山は両社を結ぶ要所の霊場として発展し、各地からの参拝道も整備された。 ...
  • 六国史や延喜式神名帳には見えないが、鎌倉時代には『貞永式目』付属の起請文の中で、日本国中の神祇の筆頭にあげられたほど、幕府の篤い崇敬と保護を受け、伊豆山神社とともに二所権現、さらに三島大社を加えて三所権現とよばれ、後北条氏の時代まで特に武家たちの信仰を集めた。 ...
  • 仁治元年8月2日、箱根・走湯の二所権現参りに向かう将軍・頼経が最初に鶴岡八幡宮に参詣した際、その行列の「後騎」の一人として「武田五郎次郎」も随行している。 ...
  • 嘉元4年4月25日、将軍久明親王の代官として鶴岡八幡宮、伊豆・筥根二所権現に参詣する。 ...
  • 鎌倉時代の安貞2年住僧憲深、境内上段に六所権現を創立。 ...