戦時買収により国有

17 の例文 (0.00 秒)
  • その後駅に変更されたが、南武鉄道が戦時買収により国有化された1944年に廃止された。 ...
  • 後の日本国有鉄道胆振線の一部を開業したが、1944年7月1日の戦時買収により国有化された。 ...
  • 富山地方鉄道を経て1943年6月1日に戦時買収により国有化されたことにより、トム1形に編入された。 ...
  • 中国鉄道に残った3両は、そのまま引き続き使用され、1944年の戦時買収により国有化され、8360形に改称された。 ...
  • 胆振縦貫鉄道が1944年7月1日に戦時買収により国有化されたことにより、トム1形に編入された。 ...
  • その後、1943年に小倉鉄道が戦時買収により国有化され、本形式も国有鉄道に復籍して1370形に戻ったが、車軸配置の変更は考慮されなかったことになる。 ...
  • 戦時買収私鉄の一社で、東日本旅客鉄道鶴見線の前身にあたる鉄道路線や、海岸電気軌道から継承した軌道線を運営していたが、1937年に軌道線を廃止し、1943年には保有していた鉄道線全線が戦時買収により国有化された。 ...
  • また、1943年に戦時買収により国有化された豊川鉄道、鳳来寺鉄道にもモハ10形が存在した。
  • 北海道鉄道が1943年8月1日に戦時買収により国有化されたことにより、ト47を除く36両がトム1形に編入された。 ...
  • 立川駅 - 御嶽駅間は青梅電気鉄道が敷設した私鉄だったが、戦時買収により国有化された。 ...
  • 仙石線は私鉄である宮城電気鉄道の路線が1944年の戦時買収により国有化された路線であり、1987年の国鉄分割民営化によりJR東日本の路線となった。 ...
  • 現在は富山地方鉄道の路線であるが、元は富岩鉄道によって開業した鉄道路線で、昭和10年代に富山電気鉄道と合併、富山電気鉄道が富山地方鉄道へ社名変更した後に戦時買収により国有化され、長らく日本国有鉄道の地方交通線として運営されてきた。 ...
  • 大正時代になり播州鉄道が粟生駅 - 北条町駅間を開業し、播丹鉄道を経て戦時買収により国有化され北条線となった。 ...
  • 両線は1929年に繋がって全通し、1944年に飯山鉄道が戦時買収により国有化され、十日町線を含めて飯山線となった。 ...
  • 五日市鉄道は1940年に南武鉄道に合併され、この2両は同鉄道の7, 8となり、そのまま五日市線で使用されたが、1944年の戦時買収により国有化され、仮番号123, 124を経て書類上1195形となった。 ...
  • 小倉鉄道は、東小倉駅 - 上香春駅- 大任駅 - 上添田駅間を開業していたが、この路線は1943年に戦時買収により国有化され添田線となった。 ...