戦後の回想

18 の用例 (0.00 秒)
  • 戦後の回想録および複数の目撃証言でその詳細が明らかにされた。
  • 棟本博の戦後の回想が舞台となっており、映画では棟本のナレーションが入る。
  • 戦後の回想において、ホフマンはドイツ軍司令部を批判している。
  • 戦後の回想録や戦争の分析でも認められている。
  • 昭和天皇は戦後の回想録で、二・二六事件のときの石原の態度を高く評価している。
  • ハルゼーは息子が米空母のラバウル空襲の際戦死するのではないか不安だったと戦後の回想録に書かれている。
  • 当時軍令部部長だった福留繁中将も戦後の回想で空母が活躍もまだ主兵は依然戦艦だと思っていたと語っている。
  • 玉井は戦後の回想で、大西の特攻に対する決意と必要性を説明した後に志願を募ると、皆が喜びの感激に目をキラキラさせて全員が挙手して志願した立派な決意を示した顔は忘れられないと話している。
  • ノースカロライナ州の出身であるジョン・ギボンも同じディレンマに直面し、戦後の回想記でジョン・ビュフォードが北軍側に付くことにした夜のことを次のように回想した。
  • 玉井は戦後の回想で、大西の特攻に対する決意と必要性を説明した後に志願を募ると、皆が喜びの感激に目をキラキラさせて全員が挙手して志願したと話している。
  • 富岡定俊第一課長の戦後の回想によると、引揚げに関して再三図演を行なったが、成功しても駆逐艦八〜一〇隻の損害が出ることが予想された。 豊田穣『海軍軍令部』より引用
  • 渡辺安次連合艦隊参謀の戦後の回想によると、山本長官は米豪分断作戦は迂遠に過ぎるとして、関心を持たなかったという。 豊田穣『海軍軍令部』より引用
  • 第6師団長の神田中将は戦後の回想録の中で「攻撃を3月と決定したのは、食料が3月中になくなるため」と述べている。
  • 稲田正純中佐の戦後の回想によれば「台児庄からの後退は敗退ではなく、いずれ下がることは大本営との初めからの約束」であるとしている。
  • 鈴木貞一の戦後の回想によると、永田鉄山軍事課長と谷正之外務省アジア局長らが「満州問題解決に関する覚書」を作成し、武力行使を含めあらゆる手段をもってやることが書かれていたという。
  • 杉山の副官だった小林四男治中佐と、参謀だった田中忠勝大佐の戦後の回想によれば、杉山は敗戦直後に自決を決意し、御詫言上書という遺書も用意していたが、終戦の混乱処理と第1総軍復員処理のため、延び延びとなっていた。
  • 戦後の回想録である「ヒトラーのエニグマ」を書いたベルギー人、レオン・ドグレルはこういう。
  • 一方の花柳も、戦後の回想で「最愛の亭主に先立たれてしまった」と梅島の死を嘆き、「新派で唯一の二枚目」と評した。