戦場に赴く

55 の用例 (0.00 秒)
  • なお、実家の母の計らいで最後に戦場に赴く前に結婚していたと言う。
  • また、ムーアも戦場に赴き、漫画はムーアの助手であるに一時託された。
  • マントを身につけて戦場に赴くことがなくなった現代でもこの伝統的様式は変わっていない。
  • だとしたら、明日は戦場におもむく戦士の覚悟かくごのぞむしかないだろう。 水野良『魔法戦士リウイ 第00巻』より引用
  • 一たび日本人が戦場に赴くや、決して故郷の家族のことを考へぬ。 高橋哲哉『靖国問題』より引用
  • 彼は行く行く、自分を、必勝を期して戦場に赴く兵士のように感じていた。 チェーホフ/中村白葉訳『チェーホフ短編集「燈火」』より引用
  • しかし彼らはその権利を棄てて戦場に赴き、そして死んだのだ! 田中芳樹『銀河英雄伝説 01 黎明篇』より引用
  • 親兄弟に別れ、妻子を捨てて勇ましく戦場に赴いたのをごらんなさい。 半藤一利『聖断 天皇と鈴木貫太郎』より引用
  • 手明鑓は平時は無役だが、戦時には槍や具足を携えて戦場に赴く者たちを指す。
  • 母も、いずれ戦場におもむくために王獣を訓練している。 上橋菜穂子『獣の奏者 Ⅳ 完結編』より引用
  • 初めて戦場に赴いたのは1897年の希土戦争でテッサロニキ戦線に従軍した。
  • ワルキューレを率いて戦場に赴いては死んだ戦士をフォールクヴァングに運んだといわれている。
  • アスクは戦場に赴く前、師が「そばを離れるな」と命じたことを思い出す。 C★NOVELS『創刊25周年アンソロジー』より引用
  • 女のことを何も知らずに、戦場に赴くのだ。 三浦綾子『ちいろば先生物語』より引用
  • 見習い期間60日を終え、充分に成長させたメンバーは騎士の叙勲を受け戦場に赴く。
  • 多くの男たちが、そうと知りつつ、召集令状がくれば、国の命令に従って戦場に赴いたのだ。 三浦綾子『銃口』より引用
  • その新撰組が計画しているところへ飛び込むには、戦場におもむくの覚悟があって至当なのであります。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 卿がつくのは、有事の際には戦場におもむく者だから。 喬林知『今日からマ王 第01巻 今日からマのつく自由業!』より引用
  • このとき、父の復仇に燃える忠利は戦場に赴くことを望んだが、許されなかった。
  • 目隠めかくしをして戦場におもむいているようなものだ。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅷ 対立の町<上>』より引用
  • 次へ »