戦ご

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • こう云う「離れ」にも聞えて来るものは植え込みの竹のそよぎだけだった。 ...
  • 眼を閉じているお文はその戦ぎが菜の花に取って換わったように思えた。 ...
  • 戦が戦にならなかっただけだが、これでむこうが満足するとは思えん。 ...
  • 江戸時代になり、戦がなくなると、花火を専門に扱う火薬屋が登場した。 ...
  • しかし、そのいくさがなくなれば食べていくことさえままならぬ傭兵ようへいの身である。 ...
  • 自信のなさということは、娘さんのきょうの不安なそよぎだと思う。 ...
  • 戦がみたのだと私は思い、うそをいうのは無駄むだだと思った。
  • 草の下や空気の奥に聞こえる、かすかな鳴き声やそよぎの名を挙げた。 ...
  • 腹がへっても、 「腹がへっては戦ができぬ」 と言うわけにはいかない。 ...
  • わしのそよぎはすべて世の中の熟したものの周囲めぐりに夢のように動いておるのじゃ。 ...
  • 桑の葉はそよぎ立って、彼の行くところひそむところを敵の眼に告げた。 ...
  • もし戦がいなかったら、私は生まれ変ったと思っただろう。 ...
  • 先生は寝ていながら、干してあるその草の風にそよぐのを、心地よげに眺めていた。 ...
  • そこに少し不安な、風のそよぎがあるかもしれないけれど。 ...
  • ただし史実の方臘の乱で戦が行われた場所よりも、広い地域が舞台となっている。 ...
  • かう云ふ「離れ」に聞えて来るものは植ゑ込みの竹の戦ぎだけだつた。 ...
  • この急迫を見ては、はるかうしろな尊氏の陣といえ、そよたずにいられない。 ...