戦い

全て 名詞 動詞
62,467 の用例 (0.03 秒)
  • 民衆の手に政権を戦い取ったと称しながら、実は民衆を戦い取ったのだ。 豊島与志雄『傷痕の背景』より引用
  • 彼にとって戦いは、すでに戦いではなくて生活それ自体だからでしょう。 三好十郎『抵抗のよりどころ』より引用
  • 戦いをしない約束のはずなのに、関ケ原では大変なことがあったらしい。 星新一『城のなかの人』より引用
  • 彼の表面の性質は、真の性質にたいする長い戦いから生じたものだった。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 現実の戦いとなると、それをわたしに対してやる者も出現するわけだろう。 星新一『城のなかの人』より引用
  • これまで牛子張がやった戦いといえば野盗をうくらいのものであった。 酒見賢一『墨攻』より引用
  • しかしナポレオンはその戦いに勝利を得ることが可能であったろうか? ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 彼は渋面を押えることができないで、結局これは面白い戦いだと考えた。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 戦い取られたものではなく、外から与えられたものであったからであろうか。 豊島与志雄『或る日の対話』より引用
  • あの時、戦いが終ってから気づいてみると、自分は両手に剣を持っていた。 吉川英治『宮本武蔵』より引用
  • 私は何となしに、大変な大手術でもされるのではないかと恐れをのゝいた。 加能作次郎『世の中へ』より引用
  • ソヴェト同盟は第二次大戦にナチスとの戦いで七百五十万人を失った。 宮本百合子『あとがき(『宮本百合子選集』第八巻)』より引用
  • しかも、戦いを続けるうちにベヒモトの戦い方に巧妙こうみょうさが加わってきた。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス07 ホワイト・オペラ』より引用
  • わたしが全軍の指揮をして戦いたいのだが、その経験がまるでない。 星新一『城のなかの人』より引用
  • 千年万年とたつうちには、それらの戦いから残るものは何一つないだろう。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 見れば羅刹女が、さきほどの戦いでのどがかわいたか、お茶を飲んでいた。 呉承恩/檀一雄訳『西遊記(下)』より引用
  • じっとこの戦いの流れる様を第三者的な目で見ているように思えた。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス07 ホワイト・オペラ』より引用
  • もし彼等がみんな行けば、私たちはこの船を操縦して戦いましょう。 スティーブンソン・ロバート・ルイス『宝島』より引用
  • その様子を見れば、戦いがダルシェナの勝利で終わったのだろうと思えた。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス04 コンフィデンシャル・コール』より引用
  • 妻も男の戦いに疲れきった夫を自分一人の力で慰拊いふできないことを知っている。 森村誠一『凶通項』より引用
  • 次へ »