我田引水

全て 名詞
78 の例文 (0.00 秒)
  • 我田引水の姿勢で読めば、この部分は大変納得のいくものであったから。 ...
  • しかし、誰がこの四国の医師の我田引水をとがめることができるだろうか。 ...
  • だから私は何も我田引水的に大杉を文学に結びつけようとしているのではない。 ...
  • 日本人の基本的な行動様式に、「我田引水をきらう」ということがあります。 ...
  • が、どちらにしろ、自分たち銘々に都合のいい、我田引水式の解釈だ。 ...
  • 張鼓峰事件の解決を理想的とするのは、作戦課長の我田引水のきらいがある。 ...
  • 人というのはある物事を妄信してしまうとなんでも我田引水に解釈してしまう傾向があることを指している。 ...
  • わたしははじめから全部我田引水的な話ばかりしているわけですが、少なくもそういうふうに生かしていくことができるのではないか。 ...
  • 旧筑摩県全体ではなく、松本のみの都合を考えた「我田引水」とみたからである。 ...
  • 大学について言うと、勤め先だから我田引水になりやすい。 ...
  • だから、田植えのときには全員で力を貸しあったし、我田引水は軽蔑けいべつの対象となった。 ...
  • 作家と同様にと書くと、我田引水となるか。 ...
  • 我田引水になってしまうと困るけれど、酒も博奕もやらない男は、そのぶんだけ、ひとつのことを思いつめるということになりはしないだろうか。 ...
  • 老倉については我田引水がでんいんすいが過ぎるのかもしれないけれど、しかし幼なじみである彼女を論理だけで語るのは、僕には無理である。
  • 彼でなくったって、ある目的だけを正当化しようと我田引水すると、たいていこういうことになる。 ...
  • ポストのない学者の、我田引水ではないか、とこれをみるならば、それは明らかにまちがいだ。 ...
  • あるいは生物物理学といってもよろしいのでありますけれど、あまり物理という言葉を使いますと我田引水のように誤解されそうですから、それもやめます。 ...
  • 次へ