成長因子

103 の用例 (0.00 秒)
  • 神経成長因子は増殖ではなく、神経細胞としての成長・成熟を促進する。
  • 成長因子は構造的・進化的に関係のあるいくつかのファミリーに分類することができる。
  • かつては成長因子として知られていたことからビタミンGと呼ばれたこともある。
  • 成長因子とサイトカインという用語は今日しばしば同義語のように扱われる。
  • 成長周期は上皮成長因子のような化学信号により制御されている。
  • 代表的な成長因子には次のようなものがある。
  • 表皮の下部にある間質細胞は、細胞分裂を促進する成長因子を放出する。
  • それらの効果を誘発するためにそれらの成長因子が使う主な受容体の決定への更なる研究が求められている。
  • 成長因子は現在、医療でも盛んに用いられている。
  • カルノシン酸には記憶力を改善する作用、神経細胞の維持に重要な役割を果たす神経成長因子の生成を高める効果があることも報告されている。
  • 同時にレチノイン酸や幾つかの成長因子も添加してみた。 瀬名秀明『パラサイト・イヴ』より引用
  • ジクチオフォリンは、アストロサイトの神経成長因子の合成を促進する。
  • 成長因子は普通、少数の特別な細胞から分泌され、自身や別の細胞の細胞増殖を誘導する。
  • AAPEは発毛に必要な、毛母細胞を直接刺激するKGFなど、様々な役割を持った成長因子が含まれている。
  • 植物における成長因子の一つで、特にバラにおいて分けつの数を急激に増加させる。
  • ローラーの表面には無数の針がついており、肌の上を転がすことにより小さな穴を空け肌の成長因子を分泌させるのを目的としている。
  • 実験的にはアンドロゲンの使用やインスリン様成長因子の使用が考慮されているが原則としては原因薬剤の減量と中止である。
  • 血漿中のGHあるいはインスリン様成長因子-1の低値をもって診断する。
  • これらの受容体の中にはVEGFと類似した分子構造を有する胎盤成長因子とも結合能を有するものも存在する。
  • インスリン様成長因子1の上昇は頭頂部の脱毛に関連している。
  • 次へ »