成田闘争

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 七月二十六日には成田闘争で電気釜に仕掛けた強力な地雷が登場している。
  • 一方で、成田闘争のような過激派の介入を防ぐことにも、注意が払われた。 ...
  • その強さは、例えば成田闘争を見ればわかる。 ...
  • 日本社会党の党大会でも反対決議を行うなど成田国際空港建設に反対する成田闘争に参加。
  • 成田闘争救援活動にも参加し、三里塚芝山連合空港反対同盟分裂後は熱田派についた。 ...
  • 一方、成田闘争においては現在も中核派などが空港反対派の農民に対して無償奉仕することで組織に取り込み、構成員に仕立てていくオルグ活動を続けている。 ...
  • 特に成田闘争での日本社会党には党勢拡大のために反対を党の方針と決定して多くの議員が土地を買うなど参加して抗議活動を焚き付けたが地元の多くが補償で移転を受け入れ、新左翼手動の過激な闘争で世論を支持を失うと土地を手放し、最終的に成田空港を利用するようになった。 ...
  • なぜなら被害者が持っていた不動産には昭和四十一年、西暦なら一九六六年の第一次の成田闘争がからんでいるのが、これまで密かに被害者や犯人の周辺を洗っていた、吉田さんや進藤、武藤などの努力ではっきりしたからだ。
  • 渡辺も愛知外相訪米阻止闘争で逮捕歴があり、少年も成田闘争で逮捕されたが手錠をかけられたままで逃走していた男で、手首には手錠のあとが残っていた。 ...
  • 成田闘争とも呼ばれる。 ...
  • 成田闘争参加は、1971年9月の第二次強制代執行まで続いた。 ...
  • 成田闘争から、杉並区のゴミ処理場反対運動まで、与党政治家や役人たちにとっては、頭の痛い問題が目白押しだった。 ...
  • これについて、かつて51年綱領を定めて武装闘争を行っていた日本共産党を、破壊活動防止法に基づき監視対象にしている公安調査庁は「社会・共産の両党が、反対運動を党勢の拡大に利用しようとしたため、農民から不信感を持たれた」と、1993年4月にまとめた『成田闘争の概要』で分析している。 ...
  • また地方公務員労組や国鉄労組、専業活動家などで左派系労働組合に熱を入れている者達の中には、変化を求めて新左翼、過激派と結びついて、スト権ストや成田闘争などといった闘争に発展するケースも見られた。 ...
  • プロ革派の青年組織となっていたプロ青同は1978年3月26日、成田闘争において第4インターや共産同戦旗派と「赤ヘル三派」を組んで管制塔を占拠、成田空港の開港を延期させた。 ...