懲りろ

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 家に遊びにゆくのは一回でりて、その後は外で食事を取ることにした。 ...
  • 昨日のことで少しはりたかと思ったが、彼女にはまるで変化がなかった。 ...
  • それが原因で何度か殺されかけたらしいが、本人はまったく懲りていない。 ...
  • それに、彼は一方では弥生に懲り女たちに懲りているような面もあった。 ...
  • 父親でりたあの母親が、もう一度別の男と結婚するなんて考えられない。 ...
  • この騒ぎに懲りてから、ラクダには一頭ごとに人を一人つけることにした。 ...
  • 食べすぎて気分悪くなった時もあったがそれでも全く懲りる事なく好きらしい。 ...
  • これに懲りて、それ以来、大きなものには手を出さぬことにしている。 ...
  • 能里子もそれにりて、その後は猫たちをからかうことはしなくなった。 ...
  • だから破綻したのだが、戦後はそれに懲りて、思想の不在状態になった。 ...
  • いくら網にかかっても懲りずに相手DFの裏を突こうという動きは必要だ。 ...
  • 外国にそういう事例があるとしても、外国ではこの弊害に懲りておる。 ...
  • 一人で懲りたからと言つて、外の幾人いくたりもがさうだとは限りません。 ...
  • そうまでされながら二度、三度と、りもせず逃亡をくり返す者もいる。 ...
  • 捨丸は前日の経験に懲りて、出来るだけ頑丈がんじょうそうな馬を更に二頭買った。 ...
  • お葉さんも男に懲りなすったのか、あるいは清次のほうに気がねえのか。
  • だが、今回はそんな結果になったとしても、それでかれらがりるだろうか? ...