懐かしい

全て 形容詞
2,595 の用例 (0.01 秒)
  • そのことより懐かしい共同の会便の場所についてもう少し聞きたかった。 胡桃沢耕史『黒パン俘虜記』より引用
  • どうやら見ている人は、当時のことが出てくると懐かしいみたいですね。 林真理子『ロストワールド』より引用
  • 集まったり映画を見たりすることで懐かしさを湧かしているのではない。 城山三郎『忘れ得ぬ翼』より引用
  • 懐かしい匂いがするがそれは四年前からなんの匂いだかわからない匂いだ。 筒井康隆『原始人』より引用
  • 何かなつかしい匂いを嗅いだ時に、過去の風景が目の前に広がったことは? 恩田陸『ライオンハート』より引用
  • それがもし、懐かしさなら、それもそう悪いものではないと彼は思った。 石原慎太郎『化石の森』より引用
  • 何故「希望の世界」に懐かしさを感じてしまうのか私にはわかりません。 宮谷シュンジ『絶望の世界 1光と影の世界 ~僕の日記・迷走編~』より引用
  • 彼は和歌子のを繰り返し読んでいると泉のように懐かしさが湧いて来た。 島田清次郎『地上』より引用
  • その道はスパーホークが隠れ住んでいた、懐かしい店の前を通っていた。 エディングス『エレニア記2 水晶の秘術』より引用
  • 富春はおれの顔を見て、懐かしいものにであったように目を細めたのだ。 馳星周『不夜城』より引用
  • 懐かしさすら覚えるその声からは、何の感情も感じることはできません。 宮谷シュンジ『絶望の世界 2希望の世界』より引用
  • 昔が懐かしくなったわけじゃないとしたら、何か他に理由があるんだろう? 柴田よしき『Close to You』より引用
  • 当時はそんなものには何の興味も示さなかったが、今となっては懐かしい。 同人『十二国記』より引用
  • つい数時間前に別れたばかりの編集長の声までが、懐かしく聞こえてきた。 鮎川哲也『朱の絶筆』より引用
  • 今から思えば愚かというしかないが、その純粋な思いが懐かしくもある。 水野良『新ロードス島戦記1 闇の森の魔獣』より引用
  • 考えも浅かったし馬鹿だったけど、やっぱり過ぎた日は懐かしいのです。 安部譲二『ぼくのムショ修業』より引用
  • びっくりしながらも、おれはその男の姿形に不思議ななつかしさをおぼえた。 山下洋輔『ドバラダ門』より引用
  • 女は私が名前を言わない前に、さも人懐かしそうな調子で会釈えしやくしました。 横溝正史『芙蓉屋敷の秘密』より引用
  • いやな男だと思っていたのに、久吉の胸に懐かしいような思いがいた。 三浦綾子『海嶺(上)』より引用
  • そろそろ復帰しそうだという社長の顔が俺はひどく懐かしく思われたりした。 辻内智貴『青空のルーレット』より引用
  • 次へ »