憲兵大尉

72 の用例 (0.00 秒)
  • 試みに某憲兵大尉の為にチヤプリンが殺されたことを想像して見給へ。 芥川竜之介『澄江堂雑記』より引用
  • 今は、憲兵大尉が活動のシネリオを書く時代になつてゐるらしい。 岸田国士『兵営と文学』より引用
  • 憲兵大尉に続いて五人の下士官・兵をカーミラは沈黙させた。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 15 山口防衛戦4』より引用
  • 声がして出入り口に五名ほどの部下を従えた憲兵大尉がにこやかに少女に話しかけた。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 15 山口防衛戦4』より引用
  • カイト憲兵大尉と二〇人の警官隊がそれにつづいた。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の紋章 03 異郷への帰還』より引用
  • 橋爪がハッチを開け銃手席に陣取ると、憲兵大尉が近づいてくるところだった。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 13 山口防衛戦2』より引用
  • カイト憲兵大尉が組織のなかで不遇であることは理解できた。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の紋章 03 異郷への帰還』より引用
  • 別の声がして憲兵大尉が現れた。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 12 山口防衛戦』より引用
  • 憲兵大尉はあっけにとられ、こちらをにらんでいる伍長を見つめた。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 15 山口防衛戦4』より引用
  • 大正十二年の関東大震災の時、六代目菊五郎は焼けなかった自宅と自動車をある憲兵大尉に提供した。 永六輔『芸人その世界』より引用
  • 社長は大杉事件で有名になった甘粕元憲兵大尉でした。 中川靖造『創造の人生 井深大』より引用
  • 善行に声をかけられ、マジックミラー部屋に座っていた憲兵大尉が席を立って敬礼をした。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 14 山口防衛戦3』より引用
  • 甘粕憲兵大尉は本月十六日夜、大杉栄外二名の者を某処に同行し之を死に致したり。 臼井吉見『大正文学史』より引用
  • 日ごろから責任感の強い甘粕が、憲兵大尉としてこの非常事態にきびきびと対処している姿が想像された。 角田房子『甘粕大尉 ―増補改訂』より引用
  • 憲兵大尉は無遠慮にエリーの上から下まで見つめた。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 15 山口防衛戦4』より引用
  • 「彼はおれたちに協力しているカイト憲兵大尉だ」エントリュアはまくしたてた。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の紋章 03 異郷への帰還』より引用
  • 「ほら、あんたの出番だぜ」エントリュアは憲兵大尉の脇腹をつついた。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の紋章 03 異郷への帰還』より引用
  • これらの別の表現が現職憲兵大尉による無政府主義者大杉栄、伊藤野枝などの虐殺でもあつた。 中野重治『室生犀星』より引用
  • 甘粕憲兵大尉は本月十六日夜、大杉栄外二名の者を某所に同行し、これを死に致したり。 角田房子『甘粕大尉 ―増補改訂』より引用
  • 席をならべてフランス語を翻訳していたのが、のちに甘粕憲兵大尉に虐殺される大杉栄であった。 小堺昭三『カメラマンたちの昭和史(5)』より引用
  • 次へ »

憲兵大尉 の使われ方