憧れる

全て 動詞
778 の用例 (0.01 秒)
  • 姉と妹以外の組み合わせのきょうだいすべてに憧れていたと言っていい。 柴門ふみ『男性論』より引用
  • あらゆる研究者が憧れるその光が、いま目の前ではっきりと輝いている。 定金伸治『ユーフォリ・テクニカ王立技術院物語』より引用
  • 仕事の上で今でもあこがれている、前の会社のデスクがいるのを見て驚いた。 内田春菊『彼が泣いた夜』より引用
  • 廊下に立っている体のない者は、この女天使に憧れと尊敬の念を覚えた。 D・W・ジョーンズ『わたしが幽霊だった時』より引用
  • それでも精神が回復することはなく、次第に死に憧れるようにもなった。
  • それに中には、私がちょっとあこがれている建築家のA氏もいるではないか。 林真理子『美女入門 PART2』より引用
  • このことが、政江の医学的なものへの憧れの一つの原因といってもよい。 織田作之助『俗臭』より引用
  • そして、私は少女時代とはまた違った観点で結婚にあこがれ始めたのである。 林真理子『夢見るころを過ぎても』より引用
  • これは恐ろしいことで、憧れていたあの人たちには絶対嫌われたくない。 ヒロシ『ヒロシです。2』より引用
  • 学生時代から結婚へのあこがれを強く持っている龍一が、笑いながらきいた。 吉村達也『憑依 ―HYOU・I―』より引用
  • 両親という根を持たない自分は、だからここに憧れ続けていたのだろうか。 福井晴敏『∀ガンダム(上)』より引用
  • この男は昔からそうだが、どうも若い女に憧れるという悪い癖がある。 田山花袋『少女病』より引用
  • けれどその憧れがどういうものであるかは自分でもはっきりわからなかった。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 今まで憧れ続けた世界に、こうして立つことがあるとは思わなかった。 同人『魔法使いの夜~Wicth on the Holy Night~』より引用
  • 彼女もこの男性にあこがれていて、自分の担当でもないのに同席していたのだ。 林真理子『美女入門 PART2』より引用
  • 不思議な魅力があふれるような明るいファミリーは僕のあこがれでもあった。 酒見賢一『聖母の部隊』より引用
  • ただその名に憧れて、大した名物だということを知っていたに過ぎない。 幸田露伴『骨董』より引用
  • 衛宮士郎は、誰よりも憧れたあの男の代わりに、彼の夢を果たすのだと。 奈須きのこ『Fate/stay night 凛 Unlimited Blade Works TrueEnd Brilliant Years』より引用
  • 若者がもっともあこがれる職業の一つが深夜放送のDJだった時代である。 姫野カオルコ『初体験物語』より引用
  • 昔の優れた作家たちにはそういう気配があって、ぼくはそこに憧れを抱いた。 原田宗典『家族それはヘンテコなもの』より引用
  • 次へ »