憎むべき敵

43 の用例 (0.00 秒)
  • 宇宙海賊は宇宙に進出した人類にとって最大の憎むべき敵であった。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ02 撃滅!宇宙海賊の罠』より引用
  • たとえ相手が憎むべき敵であろうとも丸腰だと全く手を出さない。
  • 伝統にも当然発展があるべきで発展なき伝統に限定しやうとすることほど文化の憎むべき敵はない。 坂口安吾『日本精神』より引用
  • 主人の中で、にくむべき敵が生きながらえているのをどう感じている? 谷瑞恵『伯爵と妖精 第13巻 紅の騎士に願うならば』より引用
  • 産声をあげた時からすでに不吉な恋、憎むべき敵を愛さねばならぬ定めか。 シェイクスピア/福田恆存訳『ロミオとジュリエット』より引用
  • 彼は憎むべき敵を陥れてその地位から追い出してしまったのです。 ラム/松本恵子訳『シェイクスピア物語』より引用
  • この瞬間、和美の心の中で、宇宙人は完全に憎むべき敵に回った。 岩本隆雄『イーシャの舟』より引用
  • こんな夜中に娘を迎えに来る男など、父親にとってみれば憎むべき敵以外の何物でもないだろう。 滝本竜彦『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』より引用
  • 自分の愛した女が憎むべき敵をこそ想い、そのために、自らが生命を賭ける。 菊地秀行『吸血鬼ハンター07b D-北海魔行 下』より引用
  • 黒エルフらとともに、食人鬼オーガーどもも太古からの憎むべき敵だった。 水野良『ロードス島戦記 1 灰色の魔女』より引用
  • 相手の過敏かびんになった心には、その接触がもっとも憎むべき敵による致命的な攻撃と感じられた。 E・E・スミス/小西宏訳『(レンズマン・シリーズ4) レンズの子ら』より引用
  • 彼等は、憎むべき敵機の爆弾に、蹴散らされてしまったのだった。 海野十三『空襲葬送曲』より引用
  • 対戦者は、競い合うライバルではあってもにくむべき敵ではない。 川原礫『アクセル・ワールド 08 -運命の連星-』より引用
  • たしかに憎むべき敵だが、年を取りすぎている。 東郷隆『(定吉七番シリーズ 2) ロッポンギから愛をこめて』より引用
  • 破壊の女神を復活させるひとつのとびらであるがゆえ、彼女にとっては自らの内にある弱さこそが、もっとも憎むべき敵なのだろう。 水野良『ロードス島戦記 7 ロードスの聖騎士(下)』より引用
  • その彼女が、われわれを向こうにまわして、最も憎むべき敵方についたことは、彼の納得しかねるところであったのだ。 クリスティ/松本恵子訳『ザ・ビッグ4』より引用
  • だがもしそれができないようだったら、悪いことは言わぬ、にくむべき敵ではあるけれど、いさぎよくくれてやるがよい。 ドイル『オレンジの種五つ』より引用
  • 大きかろうと小さかろうとボールは憎むべき敵であった。 森見登美彦『美女と竹林』より引用
  • また、私を迫害した憎むべき敵も多かったが、力がおよばなかったので、彼らを絶滅させることができなかった。 カザノヴァ/田辺貞之助訳『カザノヴァ回想録 第一巻』より引用
  • 自分の息子たちが、お国のために戦って名誉の戦死を遂げ、二度と自分たちのもとに元気な顔を見せることもないというのに、アメリカで生まれ育ち大学教育ヽヽヽヽまで受けたアメリカ人でありながら、息子を殺した憎むべき敵日本に走った反逆者東京ローズが、元気で再びアメリカの土を踏むというのだ。 ドウス昌代『東京ローズ』より引用
  • 次へ »