憂うこと

6 の用例 (0.00 秒)
  • ただ楽しいことをおこなうのみであって、どうして憂うことがあろう?
  • 比較されるかも、なんてうれうことはなかった。 今野緒雪『マリア様がみてる 33 ハロー グッバイ』より引用
  • ここに過ちをするほかに憂うことはなく、稚劣な汝が天下の英才に妻たるの道もこのほかにはない。 古川薫『花冠の志士小説久坂玄瑞』より引用
  • 巡り合う好機はことごとく酒瓶に変えて憂うことのない羽貫さんは早々とその紅ネクタイのおじさん方と意気投合しているようなのです。 森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』より引用
  • エッセイにおいても、郷土の自然を愛することと、日本に生きる人の将来を憂うことが実は近しいことを、誠実にユーモアを失うことなく訴え続けた。
  • それでは人生絶好調、何も憂うことなどない。 日明恩『埋み火』より引用