憂い

全て 名詞 動詞 形容詞
2,277 の例文 (0.00 秒)
  • 橋を渡った後は、しで原憂い橋を経てダム建設前からの現道に接続する。 ...
  • 彼はほとんど憂いに沈んでいるかのように、右手を見ながら歩いていた。 ...
  • やや憂いを含んだ表情で目を閉じ、両手を祈るように前で合わせている。 ...
  • されども何処どこともなく此館このやかたうち憂事うれひごとつつまれてやう気配けはいがしてゐる。
  • 初めのうち、憂夜さんと男の子たちのあまりのギャップに不安を抱いた。 ...
  • おかげで私は外出のたびごとに、ずいぶん暗い憂欝な気持にさせられた。 ...
  • 何事もなかったような、憂いに満ちた表情を、白い指が引きたてていた。 ...
  • これならどこからも干渉のきたうれいはあるまい、と安んじたのでしょう。 ...
  • 濃い眉の下に、少年のように澄んだ目が、憂いを帯びて見開かれていた。 ...
  • 闇のなかに眼をあけていると遠くで波の押しよせるもの憂い音がきこえます。 ...
  • 兄は僕がいるので、母の為に後顧の憂いがなく、浪人生活を続けていた。 ...
  • 日本人でないなどと言われる憂いを持って日を送るほど怖ろしいことはない。 ...
  • 叔父叔母の顔を見てもこれといってうれいとざされた様子は見えなかった。 ...
  • 大よそ此名で呼ばれて居る人たちの味うべき夢と憂いと満足とは皆味って居る。 ...
  • ラジオ・ドラマの隆盛は文学と演劇を殺すというのは過憂であろうか。 ...
  • その瞳の底には言いしれぬうれいの色が沈んでいるようであった。
  • だがこの治療法は、前述したように、ますます彼を憂欝にしたのだった。 ...
  • 次へ