慴れ

全て 動詞
4 の例文 (0.00 秒)
  • けれどもアレックはそれをおそれるようなナマやさしい男ではなかった。 ...
  • 太政官の鯨のやうに細い眼に見詰められると、村長でも何んでも慴れ俯伏いた。 ...
  • 「はっ」 家来は、石翁の不機嫌におそれたように走り去った。 ...
  • 「恐れながら、将軍家には、西丸にて奉る食膳には、もしや毒物が混りあるやもしれぬとのご懸念の趣やに承ります」 美濃守は、云い憎いことを一気に吐いて、再びおそれるように平伏した。 ...