慰藉

全て 名詞
308 の例文 (0.00 秒)
  • そうして、自分の想像ほど彼は堕落していないという慰藉いしゃを得たかった。 ...
  • 相手の市蔵から見ても、あるいは生れて始めての慰藉いしゃではなかったかと思う。 ...
  • 清三には自己の寂しい生活に対して非常に有力な慰藉者いしゃしゃを得たように思われた。
  • 体をこの格好にしただけでも、もう慰藉なぐさめになり歓喜を生ずるのである。 ...
  • 静かな慰藉いしゃに似たものがかすかに訪れて来たようだった。 ...
  • これはつまり仕事に変化があって、その変化が肉体と精神に慰藉を与えるからである。 ...
  • いったい、そんな犠牲者たちには、どんな慰藉いしゃの方法がとられているのか。 ...
  • かういふ時間の長い程自分の心に慰藉を與へられるやうな感じがするのであつた。 ...
  • 此人生や自然はどんな人にも感激を与え慰藉を与えまた苦痛や悲嘆を与えている。 ...
  • それで席に着くやいなや、優しい慰藉いしゃの言葉を口から出す気もなくおのずから出した。 ...
  • 彼にとつては、かの物静かな松風の音は今は何よりも偉大な慰藉ゐしやであつた。 ...
  • しかしそれを慰藉として言うのではなく、司命として言います。 ...
  • そこへ行けば彼は幸福と法悦と、失意の時には慰藉とを、同時に見出した。 ...
  • 自分には猫の事をかくのがこの上もない慰藉いしゃであり安全弁であり心のかてであるような気がする。 ...
  • しかしそれは一個の自己陶酔、自己慰藉いしゃにすぎないことを知った。 ...
  • 何か人に新しい慰藉いしやを恵みつづけてゆくような閑寂な道だった。 ...
  • 体を此格好にしたゞけでも、もう慰藉なぐさめになり歓喜を生ずるのである。 ...
  • 次へ