慌ただしい

全て 形容詞
319 の用例 (0.00 秒)
  • 彼の周りで慌ただしく動いている数人の男たちは江戸川署の刑事らしい。 東野圭吾『容疑者Xの献身』より引用
  • 指示を受けた若い兵士達が、あわただしくそれぞれの所属へと戻ってゆく。 喬林知『今日からマ王 第06巻 「きっとマのつく陽が昇る!」』より引用
  • その日はまだ客が入り始める前からいつにも増して慌ただしくなった。 楡周平『フェイク』より引用
  • 幾つかのクラスの中で慌ただしく廊下を駆けていく生徒の姿が見える。 神野オキナ『あそびにいくヨ!第05巻』より引用
  • まえに顔を合せた記憶がある週刊誌の記者があわただしく声をかけてきた。 小林信彦『夢の砦』より引用
  • それでもポープ軍のセンタービルへ向けた撤退は慌ただしいものだった。
  • ちょうどそこへ自動車がまって、慌ただしく二人の男女が降りてきた。 松本泰『暴風雨に終わった一日』より引用
  • 闇どもはそこに射しこんだ人工照明を逃れて慌ただしく逃げ去っていく。 牧野修『ファントム・ケーブル』より引用
  • 玉子はここ十日間ばかりの慌ただしさに、何もわからずに流されていた。 茶屋二郎『遠く永い夢(上)-本能寺 信長謀殺の真実-』より引用
  • それからの数日は慌ただしく、荒波にまれるようにして過ぎていった。 内田康夫『浅見光彦殺人事件』より引用
  • 改札口を出ると、東口と西口へ向かう人々が慌ただしく足を進めていた。 佐竹一彦『よそ者』より引用
  • みんなが慌ただしく動き始めるのを見て、俊策はあっけに取られていた。 恩田陸『ドミノ』より引用
  • 作業艇が二度目の加速準備に入り、艇内が慌ただしくなったせいもあった。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 01 ユニコーンの日(上)』より引用
  • 慌ただしく飛び出した堂花はその言葉を最後まで聞いてはいない。 伏見健二/高井信/山本弘『妖魔夜行 魔獣めざめる』より引用
  • やはり青木が知らぬところで、何かが慌ただしく動いているのではないか。 貫井徳郎『天使の屍』より引用
  • 朝は慌ただしく過ぎていって、気が付けば七時をとっくに過ぎていた。 奈須きのこ『Fate/stay night 凛 Unlimited Blade Works TrueEnd Brilliant Years』より引用
  • その間は特に何事もなく、あわただしく兵士達の宿舎しゅくしゃの手配などで過ぎた。 吉野匠『レイン3 シャンドリス、侵攻す』より引用
  • 残されたわたしは主人の遺産をあわただしく整理しなければなりませんでした。 喬林知『今日からマ王 第10巻 外伝 「お嬢様とは仮の姿!」』より引用
  • ドタドタと慌ただしい足音がして、居間に一人の青年が飛び込んでくる。 神野オキナ『あそびにいくヨ!第02巻』より引用
  • 東京から慌ただしくやってきたせいで疲れが出たのかもしれない。 神崎京介『密室事情』より引用
  • 次へ »