感覚的な喜び

5 の用例 (0.00 秒)
  • かりにそこには感覚的な喜びしかないとしても、その喜びには、たしかに道徳的な原因があるのである。 ルソー/太田不二訳『孤独な散歩者の夢想』より引用
  • その動作を忙しく繰り返すのをそばで眺めていると、自分の方がいきいきとした感覚的な喜びを覚えるほどである。 石坂洋次郎『陽のあたる坂道』より引用
  • 過去の食事の亡霊どもがたえず彼の前に、怒りや復讐のためにではなく、まるで昔よく味わってくれたことに感謝するかのごとくにあらわれて、影のようにぼんやりしていると同時に感覚的な喜びの無限の連続を倍加しようとしているのをながめるのは、すばらしいことであった。 ホーソン/刈田元司訳『スカーレット・レター(緋文字)』より引用
  • 彼らは極度の禁欲生活を営んでおり、豊かな食事、入浴、休息などすべての感覚的な喜びを拒否していた。
  • 聖職者の最善の振る舞いは、よそよそしく、悠長で、形式的で、しかも感覚的な喜びを想起させるもので汚されていないことである。 ヴェブレン/高哲夫訳『有閑階級の理論 ―制度の進化に関する経済学的研究』より引用