感漂う

15 の例文 (0.00 秒)
  • 族長の館のなかで、ここだけはカストゥール王国の様式に統一された部屋のいちばん奥に、重厚感漂う玉座スローンが置かれていた。 ...
  • ベルトドライブの足回りは静寂で、単気筒エンジンの鼓動も上質感漂う。 ...
  • それにしても、ある意味、相当今更いまさらただよう感じではあるが、天才王子って呼び名はホントに何とかならんもんか。 ...
  • きらびやかな現代風のデジタル・サウンドではなく、ヴィンテージ感漂うアナログ・シンセサイザーのサウンドが基本となっている。 ...
  • それゆえにプレイ時間の短さがネックとなっているが、パステル調のグラフィックや透明感あふれるBGM、そして丹念に練りこまれたシナリオにより独特の終末感漂う雰囲気を生み出すことに成功している。 ...
  • 本楽曲は明るくも哀愁感漂うポップナンバーで、ラテンテイストあふれるリズムにストレートで心温まるメッセージを込めた歌詞がマッチした楽曲となっている。 ...
  • 独特の浮遊感漂う音響に加え、キャッチーなギターリフとバスドラムが層を成す正統派メロディック・デスの構成だが、バンドとして印象的な個性を出す音作りには、アンムーアド等でも活躍しているクリスチャン・アルヴェスタムのボーカル技巧に依るところが大きかった。 ...
  • 大工を辞めたKZが働いていたクリーニング屋というは、ラルフローレンや、トミーフィルフィガーなど当時のBボーイファッションのパチモノを扱う一風変わった店だったが、当時の江戸川区でも珍しくクリーニング屋なのにレジで煙草が吸えるなど、極めてヒップホップ感漂う店だった。 ...
  • アートワークは「地球外生物」をコンセプトにした、ニューウェーブ感漂う仕上がりになっている。 ...
  • オリエンタルな要素を持つシンフォニックなサウンド、サビーネ・エデルスバッカーの浮遊感漂う独特な女声ボーカルなどが特徴。
  • 名前の由来は「未完、未熟、蜜柑」など色々な意味があると説明しており「昭和感漂う正統派アイドルユニット」「とにかくキラキラしたい」を前面に押し出している。 ...
  • ヴォーカルスタイルは、ヴァースではいわゆるデスヴォイス的なハードな歌唱をし、コーラスパートではクリーンヴォイスでニュー・ウェイヴ、プログレッシブ・ロック的な浮遊感漂うメロディを歌う。 ...
  • 旧ソ連のカルト的人気作品「不思議惑星キン・ザ・ザ」に着想を得て描く、浮遊感漂う痛快コメディ。 ...
  • 倒錯感とうさくかん漂うあのからみも素晴すばらしい。 ...