感漂う

36 の用例 (0.00 秒)
  • 生活感漂う普通の住宅街、北二丁目は讐察官の制服姿で賑わっていた。 東川篤哉『謎解きはディナーのあとで』より引用
  • 他のシリーズ作品には見られない重厚で悲壮感・緊迫感漂う楽曲が多く作られた。
  • 豊かな響きと緊張感漂う映画音楽『リア王』などの意欲作を相次いで発表した。
  • 加えて放送曜日が金曜日であるため、週末に合う高級感漂う店を紹介することが多かった。
  • これ以降コミカルさを織り交ぜた生活感漂う設定が強調された。
  • エリオと二人で店内に頭を下げてから外に出ると、何だか一仕事終えた充足感漂う空気が殺到してきた。 入間人間『電波女と青春男 第02巻』より引用
  • 見上げた空の光と、焦げた空気の匂いに疲労感漂う身体をゆだねて、そっと目を閉じる。 入間人間『電波女と青春男 第04巻』より引用
  • 族長の館のなかで、ここだけはカストゥール王国の様式に統一された部屋のいちばん奥に、重厚感漂う玉座スローンが置かれていた。 水野良『魔法王国カストゥール 復讐のファーラム』より引用
  • 特に二次予選東北大会の、二年に渡るJR東日本東北のエース、攝津正との投手戦は緊張感漂う名勝負だった。
  • 新機軸の人妻派遣クラブなら、もっと秘めやかで高級感漂う符牒ふちようや、落ちあい方法があるのではないか、と期待していたからである。 南里征典『自由ケ丘密会夫人』より引用
  • 各話のエンドロールでは、そのエピソードで運用して消えていった試作兵器の技術試験報告書をつづる形をとり、その悲壮感漂う口調が戦争の虚しさを印象付けている。
  • 窓から見たA組の教室内には本格的な調理器具が並べられており、清潔感漂う衣装に彩られた生徒たちが、様々な高級料理を手に持ち動き回っていた。 白瀬修『おと×まほ 第03巻』より引用
  • 祭の後の寂寥せきりよう感漂う中で、マネージャーの鈴木さんが無意識に吹く口笛の音が、聞こえるような気がする。 森瑤子『終りの美学』より引用
  • そんなわけで、登校時間なのだが、玄関付近の風景はいつもと違って妙に高揚したというか、緊張感漂う、あるいは静かな諦念ていねんもぽつぽつかいま見られる物となっていた。 神野オキナ『あそびにいくヨ!第08巻』より引用
  • 中盤以降は悲壮感漂うシナリオ展開を見せるようになり、エンディングで語られた衝撃の真実と主人公達を待ち受ける悲劇的な結末は、ファンの間で語り草となった。
  • あの悲壮ひそうただよう別れの演説を覚えてるだろ? 喬林知『今日からマ王 第11巻 「めざせマのつく海の果て!」』より引用
  • 映像面では当時としては先進的なCGを駆使し、トリップ感漂うコンサートシーンを描出している。
  • 将校の中でも将官はとりわけ高級感漂う軍服を仕立てた。
  • 本名発覚当初は「鉄砲でも矢でも持って来い」というような投げやり感漂うこの字面に困惑していたが段々と受け入れ、使用するようになった。
  • ベルトドライブ駆動の足回りは静寂で、単気筒エンジンの鼓動も上質感漂う。
  • 次へ »

感漂う の使われ方