感慨深き

全て 形容詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 人の身ながら戦いのはしに加わった田中には、感慨かんがい深いものがあるらしい。 ...
  • 日本の女のコの足もここまでになったのかと、私は感慨深いものがあった。 ...
  • 「こんな子供を一体どこで見つけたんだろう」かれは感慨深そうに言った。 ...
  • 感慨深かんがいぶかいものがあるのは、俺たちの向かっている目的地のせいもある。 ...
  • 映画界に働く者たちも、その胸中を察して感慨深いものがあったという。 ...
  • その際誰さいだれよりも感慨深かんがいふかそうにえたのは矢張やは良人おっとでございました。 ...
  • お話の上ではようやく半年をすぎたばかり、というのが感慨深い話でございます。 ...
  • すでに水平線を離れた太陽を、祈り終えた水主たちは感慨深げにながめていた。 ...
  • 「わたしは、ここで生まれたの」 遠子先輩が感慨深かんがいぶかそうに目を細める。 ...
  • 足下のいわゆる「冷静なる」僕といえどもまた感慨深からざるを得ない。 ...
  • キリスト教を迫害した徳川氏の紋章でもあり、感慨深いとも書かれている。 ...
  • 「どんなに幸せそうな家庭でもそうなんですよねえ」聡子は感慨深げにいった。 ...
  • 「ここにお邪魔するのは何年ぶりであろうか」 村雨は感慨深い様子で言った。 ...
  • 当然といえば当然ですが、最終巻を迎えて、私としてはかなり感慨深いものがありました。 ...
  • プロジェクトの成果物がスタジオに運ばれ、主人公が感慨深げにそれを手に取る。 ...
  • 終わったあとも、独りでなにやら感慨深げに、ずっと首を振っていた。 ...
  • 丁重な迎えを受けて再び公社に入ったとき、感慨深い思いに駆られた。 ...