感慨深い

全て 形容詞
123 の用例 (0.01 秒)
  • 人の身ながら戦いのはしに加わった田中には、感慨かんがい深いものがあるらしい。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ S』より引用
  • それから老婢の感慨深さうな顔をして私の前を通つて行くのが見える。 岡本かの子『蔦の門』より引用
  • 感慨深かんがいぶかいものがあるのは、俺たちの向かっている目的地のせいもある。 谷川流『涼宮ハルヒの陰謀』より引用
  • 彼女は感慨深げにかれを眺め、「考えてもみなかったわ」とつぶやいた。 エディングス『ベルガリアード物語3 竜神の高僧』より引用
  • 映画界に働く者たちも、その胸中を察して感慨深いものがあったという。
  • 遂良は感慨深げに言ったが、果たしてそれはどの覚悟があったかどうか。 小野不由美『十二国記 丕緒の鳥』より引用
  • 日本の女のコの足もここまでになったのかと、私は感慨深いものがあった。 林真理子『美女入門 PART2』より引用
  • ギュツラフは感慨深げに言ったが、三人にはその感慨がわからなかった。 三浦綾子『海嶺(下)』より引用
  • 「こんな子供を一体どこで見つけたんだろう」かれは感慨深そうに言った。 エディングス『ベルガリアード物語3 竜神の高僧』より引用
  • その際誰さいだれよりも感慨深かんがいふかそうにえたのは矢張やは良人おっとでございました。 浅野和三郎『霊界通信 小桜姫物語』より引用
  • 感慨深そうに言っているが、彼が普段からその数字を数えていないはずがない。 佐竹彬『カクレヒメ 第01巻』より引用
  • ユークリーブは光の中に静かに浮かんだそれに感慨深い吐息をもらした。 伏見健二『サイレンの哀歌が聞こえる』より引用
  • 感慨かんがい深げに言い、手にしたそれをにぎりしめたまま、俺の前を通り過ぎる。 谷川流『涼宮ハルヒの驚愕(後)』より引用
  • しどろもどろになったものの、絵を見上げながら国王は感慨深げに言った。 茅田砂胡『大鷲の誓い デルフィニア戦記外伝』より引用
  • 足下のいわゆる「冷静なる」僕といえどもまた感慨深からざるを得ない。 大杉栄『獄中消息』より引用
  • キリスト教を迫害した徳川氏の紋章でもあり、感慨深いとも書かれている。
  • プロジェクトの成果物がスタジオに運ばれ、主人公が感慨深げにそれを手に取る。
  • まだ娘々したお君の肩を見つめながら感慨深いものが伊三次に込み上げていた。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 幻の声』より引用
  • そういって巨人少年は、感慨深そうに、ため息をついたのであった。 海野十三『地球盗難』より引用
  • 首を振り振り、感慨深そうに健次を眺めていて、また別のことを思い出した。 天藤真『大誘拐』より引用
  • 次へ »