感情を抑えよう

17 の例文 (0.00 秒)
  • 壬生屋は校門での一件を思い出しながら、波立つ感情を抑えようとした。 ...
  • 感情をおさえようと努めている様子で、ビッグ・ジムには珍しいことだった。 ...
  • 前兆として、その感情を抑えようと物を投げたり壊したりすることもある。 ...
  • 感情を抑えようとしているのか、亜矢子が大きく深呼吸する音がする。
  • 召使いの組んだ腕は自身の感情を抑えようとしているようにも見えるが、主人たる女性に対しては何の注意も払っていない。 ...
  • アブダラは感情をおさえようと必死でこらえていたのです。 ...
  • 体の奥底からこみ上げてくる感情を抑えようと、葉子の全身が小刻みに震えていた。 ...
  • 「どんなにか自慢に思ってるのに、これは何だよ」 滋子は感情を抑えようとした。 ...
  • 瞳に涙をためて、両肩を激しく上下させて、懸命に何か凶暴な感情を抑えようと闘っている。
  • 時折ハンカチを口許に当てるのは、何か激しい感情を抑えようとしているのかもしれない。 ...
  • その反応に満足した麻里は、思わず快哉かいさいを叫びたくなる感情を抑えようと、ペダルを漕ぐ足に力を入れた。 ...
  • 初めからすべてを知っていたという貢の口調は、末の妹の立場を気遣ってなるべく感情を抑えようとしてはいたが、それでも親たちの昔のことを語ろうとするたびに皮肉っぽく、厳しくなりがちだった。 ...
  • 込みあげてくる感情を抑えようと、恭子は我が身を抱きしめた。 ...
  • 感情を抑えようとして、かたくなに不動の姿勢を保とうと努力するのだが、手は少しふるえ、あごはひきつってしまうのだった。 ...
  • 結局、感情をおさえようと努力しながらも目元がうるんでいる彼女の怒り顔に抗しきれず、根負《こんま 》けしてしまった。 ...
  • 「鶴井君、これは事後報告ではすまんぞ」 つとめて感情を抑えようとしている様子で、小寺は鶴井にいった。