感に富む

19 の用例 (0.00 秒)
  • 非常にリズム感に富む詩ゆえに、合唱においてよく題材に取り上げられる。
  • 彼らはまるでナポレオン・コンプレックスに悩む司令官など必要としないような、才能に満ち責任感に富んだ人間ばかりであることを彼に対してはっきりと証明しようとしているかのようだった。 R・エイヴァリー『クレイトスの巨大生物』より引用
  • リズムは躍動感に富み、しばしばはっきりとメキシコ風の趣がする。
  • 独特の硬質感に富むシャープな音色は、しばしば「金属的」とも表現される。
  • 機種や演奏環境によって若干の差異はあるが、空気感に富む明朗な音色が特徴である。
  • そのためリズム感に富むと評されるが、現代語、および他言語への翻訳版では当然ながらこの構造は再現不可能である。
  • 一方でスピード感に富んだアメリカ特有の競走内容については「見習う点がある」とし、軍馬改良の思想から始まり、耐久力を重視してきた日本の競馬も変化していくべきではないかとの提言も行っていた。
  • 鋳出の肉取りが高く鋭角的できわめて立体感に富む名品との評価があり、後陽成天皇の所持品と伝わっている。
  • 被写体距離との距離に応じたコントラストの変化による空気遠近法やフォーカス面からの微妙なボケにより立体感が表現されていたり、収差によるレンズ効果が少なく現実感に富んでいることを指す。
  • 苦さは控えめで爽やかな口当たりと、ほんのりした酸味の為め清涼感に富む。
  • フルートの伴奏は跳躍や逆付点リズムなど躍動感に富み、弱音器をつけた弦楽器群が支えている。
  • 基本は米国のカートゥーンを思わせるドタバタ劇で、大地丙太郎のスピード感に富んだギャグセンスが遺憾なく発揮されている。
  • クラッシュが目立つチームメイトのパストール・マルドナドと比べると速さでは劣る面が多いものの、対照的にレースでの安定感に富みポイントを重ねた。
  • ああいう気候風土だから、のんびりしたその日ぐらしの気風が市民にみついて、緊張感に富んだ有為ゆういな人材が出現しないのだ、と。 田中芳樹『七都市物語 (「扉」最適化)』より引用
  • エレガントなフランス風の優雅なロンドーによるフィナーレで、躍動感に富んだ主要主題を軸にして構成され、明るく、華やかに作品の最後を盛り上げている。
  • 早くから工業地帯になっていたこの地域の種々雑多な企業に働く労働者が会員になっており、生粋のプロレタリアという意識が強く、戦闘心、団結心、連帯感に富み、俗に「南葛魂」と呼ばれた。
  • しかしながら作風においては、フランス近代音楽、とりわけ新古典主義音楽の影響を少なからず受け、劇的であるというよりリズミカルで愉悦感に富み、おおむね色彩的・感覚的である。
  • 帝京中学校・高等学校の建学の精神は、努力をすべての基とし『正直・礼儀を重んずる』の校訓にのっとり、前途洋々たる男女を、心身ともに健全で、責任感に富む公民として育成しますである。
  • フランスのジュール・マスネ、およびドイツのリヒャルト・ワーグナーの影響を受け、重厚で色彩感に富むオーケストレーション、ライトモティーフ的語法の多用などを特徴とする。