感じる

全て 動詞
19,814 の用例 (0.02 秒)
  • その機械を支配して、働いている自分達の世界的な目的を感じるだろう。 宮本百合子『五ヵ年計画とソヴェトの芸術』より引用
  • 日本は何処へ行つても日本だといふことを私は近頃ますます強く感じる。 岸田国士『地方文学の曙光』より引用
  • 解釈学は過去の歴史に対する場合自己の固有の力を感じることができる。 三木清『解釈学と修辞学』より引用
  • 人間のよさを味ふ前に、人間のきたなさを感じるのだからやりきれない! 種田山頭火『其中日記』より引用
  • また彼のすべての消息を見て感じることはその礼の行きわたり方である。 倉田百三『学生と先哲』より引用
  • それゆえに私は彼の言葉から一種の風刺的な意味のニュアンスを感じる。 寺田寅彦『相対性原理側面観』より引用
  • 子供の時に感じる苦痛は空から地面まで一杯になって押かぶさるようだ。 宮本百合子『粗末な花束』より引用
  • だから人によっては音の高低を色で感じることができないにも限るまい。 津田左右吉『偶言』より引用
  • 服裝がどんなにその人の心持を支配する力を持つかといふことを感じる。 竹久夢二『砂がき』より引用
  • シュールであるがあくまで現実的である点に不思議な誘惑を私は感じる。 小出楢重『油絵新技法』より引用
  • 頭が、どこまでも考えることをしないように癖のついて居ることを感じる。 宮本百合子『日記』より引用
  • そして生れて始めて自分が富貴であり自由であることを感じるのであった。 チェーホフ・アントン『頸の上のアンナ』より引用
  • 私がドストエフスキイやジイドに不満を感じる最大の点もそこであった。 坂口安吾『ヤミ論語』より引用
  • 病中不眠がちのわたしはこの頃その響きをいよいよ強く感じるようになった。 岡本綺堂『薬前薬後』より引用
  • 黒岩は、傷の痛みを感じるよりも、神経が立っている話し振りで話した。 黒島伝治『武装せる市街』より引用
  • あなたが冷淡を感じるのは私がかえってあなたを愛しているからです。 倉田百三『愛と認識との出発』より引用
  • と思ふと森の中にも至る処に不満足を感じる処が眼に付いて来た。 牧野信一『嘆きの孔雀』より引用
  • そのやうな己れの醜くさを感じることは、すこしも立派なことではない。 坂口安吾『吹雪物語』より引用
  • そのうちに私は自分の運命をその音のなかへ感じるやうになつた。 梶井基次郎『闇への書』より引用
  • 僕の眼の奥に涙が溜るとき、僕は人間の眼がこちらを見るのを感じる。 原民喜『鎮魂歌』より引用
  • 次へ »